読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Think Like Talking.

変わりゆく変わらないもの

流星のサドル

 前回の日記から間がとっても空いたのです。

 

・流星のサドル

 というのも、2012モデルのbd-1が納車されてから改造遍歴を

時系列で追っていこうと考えたら、ものすごく煩雑で面倒なことに

なりそうでさてどうしたもんかと思案しておったのです。

 

 それならば、パーツごとに色々と遍歴を書いていって、それを

参考にしてもらうというブログの方がいいんじゃないかと。

 

 というわけで一発目、サドルの遍歴。

 

 サドルは街乗り用のママチャリレベルなら距離も乗らないし

時間的にも大したことがない(ハズ)なので余り興味を持たない方も

いると思うのだけど、スポーツ系の自転車に乗ると俄然重要な

パーツとして認知されてくるわけで。

 

 というのも、ポタリング~ロングライドのレベル(10キロ程度から

100キロオーバーまで)になると出てくるのが

 

尻の痛み

 と。実際自分も初めて一度に10キロオーバーの距離を乗った

(高校時代までの通学では片道3キロ程度)ら、股の辺りから

痛みがジワジワ来始めたわけで。そうか、コレが最初の試練、

尻が出来上がるまでの試練」なのだな、と思ったものです。

 

 最初のFLAT君で取り付けたのはVELOのGELサドル。

f:id:rosso13:20140324013711j:plain

 結構ママチャリと余り変わらないフォルム。

 

 しかしていかんせん、分厚いのと余りにフカフカすぎて却ってしっくり

こない結果に。折しも札幌のビックカメラ自転車売場にて、セライタリアの

サドル(が量販店の売り場に置いてあるのも眉唾ものだったが)を発見。

俗にいう穴開きサドルでかなり軽量。

f:id:rosso13:20140324003031j:plain

 ちと見づらいでしょうがご勘弁を。コレは結構硬め、薄型でこの後

bd-1にも引き継いで装着することになるのです。

 

 そして時は流れてbd-1納車後。

 40キロ程度の距離を普通に走ることが多くなり、少し助平根性が

出始めると変わったものが欲しくなるわけですよ。そして見つけたのが

 

 SELLE SMP

 

 アナトミック形状の、クチバシのように強烈に湾曲した穴開きサドル。

WLBさんでいくつかのモデルが有り、ご好意に甘えてそれぞれ試させて

いただく。

 パッド無し表皮のみのFormaからEvolution、dynamic、drakon、hybridと

徐々にパッドの厚みが増していく。一応Formaでも行けそうだったけど、

短時間の試乗で大丈夫でも長距離だとどうだろうと懸念があり、安全策で

手の出しやすいhybridに落ち着いた。

f:id:rosso13:20140324004152j:plain

 色が飛んでるのはご勘弁を。こういう形状です。

 このセラSMPの独特な形状は、セッティングも結構特殊でこの画像では

若干前下りになっているけども、本来は後端と前端(の盛り上がり)が水平に

なる角度を基本とするようで、YouTubeなどでもセッティング動画が

公式に公開されとります。もしご検討の方はそちらをご参考に。

http://www.youtube.com/watch?v=8_BdUvTAOJo&context=C3064875ADOEgsToPDskJz14daNm9P8kbzk6ncg6sO

 

 さて、このSelleSMP hybrid。セッティングがハマるとガチでいい!!!

Forma程ストイックではなく、他のコンフォート系よりも間違いなく

ロングライドの痛みが軽減される!!! パッド無し普通のズボンで富良野

グレイトアース85キロを完走した後でも痛みは皆無。こりゃすごい。

 

 しかしてこのhybrid、贅沢な悩みが出てしまったのだ。それは。

 

 見た目重い

 

 ...。や、300g。それくらいはすると思うの。でもね、Formaで170g、

Carbonで120g弱。その世界を見てしまうと...。そして地味に俺を

悩ますのが、

 

 若干太い

 

 ...。や、俺の太ももが太いというのもある。それは分かる。

短足でしかも太いのだ。シルエットで言えば両津勘吉みたいだと

理解している。筋肉質な太さでガシガシこぐもんだから、より

太さが気になってしまうのだ。

 

 というわけで、ようやく現行のSelleSMP drakonの登場。

実はFormaに行こうと思ったのだが、そこまでグラム単位の

軽量化に血道を上げてどうするかという理性が働き、bd-1

シルエットにマッチする程度の(ストイックすぎない)モデルを

選択した結果、drakonに落ち着いたわけです。

 

f:id:rosso13:20140324010222j:plain

 ハイ、ドン

 先端がスリムになり、表皮も革になりました。若干パッドも入って

いるため、Forma程直接骨に当たる感覚もなく、ペダリングもとても

し易い形状。当然腰も尻も痛くなりにくい(hybridで確認済み)。

 

 とりあえず現時点で、サドル難民からは脱却(笑)。軽量化は若干

だけど、見た目も軽くなったのでじこまん的にはこれでいいのだ!!!

 

 ちなみに。

 bd-1 Speed純正で付いていたサドルは、現在嫁の2011 Standardに

装着しており。嫁の感想は

 

特に違和感なし」。

 

 ...さいですか。