読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Think Like Talking.

変わりゆく変わらないもの

上善如水-JOZEN MIZU NO GOTOSHI-

 タイトルは94年リリースのF-1イメージ・アルバム

「TRUTH2000」の曲より。

 

・上善如水

 今回のお話はタイヤ遍歴

  そもそも折りたたみ自転車を引っ張りだして最初に手を

付けたのがタイヤ交換であり、素人にとって劇的に効果を

実感したため「自転車面白い」となったわけで。

 

 FLAT君のブロックタイヤは元々こんな感じ。

f:id:rosso13:20140324075510j:plain

 無銘の20インチ。隣に見えるのがシュワルベの代表作と言えるマラソン。

 

 空気圧指定もなんにもわからなかったため、ブロックタイヤの本領を

発揮していなかったのもあるんだろうけど、パターンのあるシティタイヤの

マラソンに交換し空気圧を適正まで入れただけで劇的に乗りやすくなった。

 

 さて、これがbd-1になるとどうなるか。

 Speedは元々18x1.25のスリックタイヤ。前年2011モデルまでは

パナレーサーのMinits Lite、2012モデルからIRCのROADLITEが標準で

装着されている。IRCの方はbd-1専用品らしい。

 スリックタイヤなど30年以上の俺の人生の中で自転車・車含めて

使ったことなど無い。路面の埃とかに乗ったらあっという間にスピン・

転倒なんてことになりゃしないか? と内心ドキドキしていたが。

 納車されたbd-1 Speedを見てそんな懸念はどこかに行ってしまうほど

 

 カッコイイ!!!

 

 わけですよ。フルサイズの700cロード向けスリックと比べてまだ

常識的な太さに見えるため、思ったより心細くない。それでいて

レーシーな溝なし。雨の日は怖いだろうけどそもそもそういう日は

乗らない予定で(笑)。

 

 しかしてやっぱりパンクは怖い。先述のシュワルベのタイヤは

パンク耐性に定評があるため街乗りタイヤでも定評がある。FLAT君で

マラソンの良さを体感していたため、じゃあbd-1もシュワルベで

なったわけで。

 更にしかして、bd-1用の18インチスリックを探してみるも、

それまで定番だった(らしい)STELVIOなるモデルは絶版になっており。

その後継のKOJAKというモデルに移行していると。ほうほう。

 

 で、bd-1納車前に楽天でチューブともども購入。

f:id:rosso13:20140324081013j:plain

 タイヤが折りたたみで入っている。そんなところで軽く感銘。

 

f:id:rosso13:20140324081118j:plain

 で、並べてみる。左がIRC、右がSCHWARBE。ロゴが螢光仕様に

なっており、夜光を当てると結構いい感じで光り視認性もよろしい。

 

 装着して走った感想はと言うと。

 IRCの純正仕様の時もシュワルベもそうだが。

 

 ほぼ無音であっという間に加速

 漫画「のりりん」で時たま出てくる、「自転車は人間の力を

いかに効率よく推進力にするかが根底」という言葉を実感する。

抵抗を減らし、確実にグリップさせるという点において、この

スリックタイヤというのは速く、楽に走るという目的の現時点で

最適解なのかなと思わせる。革新的なコンパウンド、方法によって

パターン付きタイヤが同等のグリップ・軽さ・抵抗の低さを

獲得するまで、という意味で。

 

f:id:rosso13:20140324082025j:plainKOJAK装着の図。

 

 それにしても、クイックレリーズの自転車に初めて乗ったが、

こんなにタイヤ交換が楽になるなんて。ママチャリのような

リアドラムブレーキだとどうやって後輪外したらいいかわからず

真夏の外で1時間位格闘してたもの。

 

 あ、ちなみにどんな自転車雑誌でも書いてあることだけど、

適正空気圧で乗るのは大前提ですからね。乗っても乗らなくても

2週間もしたらマジで空気は抜けてます。スリックだと、例え

1気圧、0.5気圧でも乗り味の変化が分かる。心持ち重めに

感じるようになるのです。そして空気圧はゲージで計ると

より安心。ホームセンターとかで売ってるのではなく、

自転車専門店できちんとしたポンプを一本買っておくと

本当に重宝しますぜ。うちで使ってるのはLEZYNEの

SPORTS FLOOR DRIVE。米式・仏式両方に対応できるため、

車のタイヤにも使えて更に楽に確実に空気が入るので、

今までのポンプは何だったんだ!!! となります。

 

 LEZYNEのポンプは上級クラスになると仕上げも含めて

ガチで高級感あふれるモデルが出てくるので、そこはお好みで。

俺のは質実剛健ローエンドで(笑)。

 

 というわけで、上善如水、タイヤのお話でしたっと。

お後がよろしいようで。