読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Think Like Talking.

変わりゆく変わらないもの

Winter Comes Around

 恐らく今年最後のサイクリングかな?

f:id:rosso13:20141031115726j:plain

・Winter Comes Around

 早番明けの夕方。空は少し日が傾き、気温はN-ONEの外気温計で16度。風も弱風、これは自転車を気持ちよく乗れるラストかもしれん。

 というわけで、少し足を伸ばして北広島エルフィンロードを流すことにした。

 総合体育館の駐車場に車を置き、bd-1を展開して出発。

 

 母校の横の坂道をひたすら登る。レクの森の横を抜け、工場地帯の脇を通りエルフィンロードに合流。

 夏と違い夕方のエルフィンロードはランニングする人もまばら。とは言え高速巡航は危険なのでゆっくりと流すことにする。緩い勾配が続くエルフィンロード、長く登りが続くかと思えば長く下りが続く。落ち葉に足を取られないように、怪我しないように(笑)。北広島から上野幌まで概ね20分程度か。

 そのまま東札幌方面に行っても良かったけど、早番後何も食べてないので途中でハンガーノックになってもよろしくない。一般道=274に降りて日大高校の横の坂道を攻めることにする。とは言え距離的にはごく短距離...と思っていたら、西の里方面まで地味ーーーな上り坂が続くことになろうとは。登っているのかよくわからない程の勾配だけど、足を止めた瞬間一気に速度が落ちるのでやっぱり登ってるんだろうな。

 坂を登った後の長い長い下り、真横の二車線道路ではバンバン車がすっ飛ばしていく。

 かと言ってこちらはすでに9速、更に下りでは安定しないbd-1で踏み込む気にはならず、砂や落ち葉に注意を払って楽をさせてもらう。平地に入って一気に再加速、48km/h程度で今回打ち止め。後は軽く流して出発地点の駐車場へ。

 

f:id:rosso13:20141031122752j:plain

 この時点で16時半。低いところではすでに日は落ち、雪虫みたいなのがまだ飛んでいる。今週は札幌でも初雪を観測、冬が来るんだな。

 

 手早くbd-1を格納し、帰路につく。

 母校の下校時間に重なり、高校生の列が駅へと向かっている。レギュラーの授業の後、「進学補修」という名の特別講習があるのだが、恐らくそれが終わった子達だろう。俺が高校の時は、その後更に部活(放送局だけどね)やって番組作って帰ったんだよなあ。よくそんな体力あったもんだなあ。

 卒業して20年。今やこの子たちの2倍生きてることになるんだよな。当時の制服とは違うリニューアルした制服、進学校独特の少し垢抜けない顔をした高校生。

 

 もうそっち側じゃないんだよな。

 

 ふと、桜玉吉の「防衛漫玉日記」のいち場面を思い出す。

 小型船舶免許を取る企画で合宿参加したという話で、一人教室に座った玉吉が、ふと学生時代に戻るというシーン。今までの数十年が、学生時代の自分が夕暮れの教室で見た白昼夢だったように思うという。勿論現実に戻るのだが、なんとなくその感覚が分かる気がする。

 

 高校の時に未来の自分を思い描けていたかなあ。

 夢なんて一つも持ってなかった気がする。

 つまらん人間なのだよ、俺は。

 

 壮大な夢もなく、現実の中をひたすら生きぬく。その中で、心と身体の奥にたまった澱を拭うように、一人自転車で走る。ほんの少しだけ、高校の時には見えなかった景色を知ることができた。

 

 そんなことの繰り返しが、きっとこの先も待っているんだろうな。

 

 北海道でのプチライド、恐らく今季終了。

 

 明日からの11月。

 今年も、去年参加したあのイベントに行くために、仕込みはすでに終了。後は天気が晴れてくれれば、bd-1持っていく予定。

 ガンプラエキスポ、行ったろうじゃないか(笑)。