Think Like Talking.

変わりゆく変わらないもの

Fragrance

 今日から4連休!!!

・Fragrance

 といってもこの後から地鎮祭なので実質3連休なんだけども。

 先月のシフト希望を出す辺りで今月の地鎮祭・家のユニット据え付けの目安日が決まっていたので、その時に施主が立ち会わないのも何だと思い、年休を入れることにした。しかして飛び石で休みというのも収まりが良くない。ここしばらく頑張った、俺ということで、4連休にしてみた次第。

 そんな経緯はどうでもよく、その地鎮祭が13時から開始ということで、ポッカリと空いた日曜の午前中。その上朝9時前に起きてしまったため手持ち無沙汰なこと山のごとし。

 

 というわけで、律儀なN-ONEのインジケータがメンテナンス時期をご丁寧にずっと告げてくれていた為、オイル交換に出かける事にした。前回の交換は去年12月、約4ヶ月程度だが、既に走行距離は5000キロを超えた。4500キロ程度で警告インジケータが起動時に点滅するようになり、5000キロ=交換目安を経過すると常時点灯になるのだよ。無視してリセットを掛けてしまってもいいが、いかんせんターボ車のオイル管理一つで燃費性能や振動・ピックアップが劇的に変わることを知っているため、無視するわけにもいかん。

 前回の交換では人生初の「全合成油」、Mobil-1の5W-30を入れたのでもう少し持たそうと思ったのだが、やっぱり熱耐性が強いと言っても距離耐性とでもいうか使用キロ数的にはちょうどいい劣化具合に感じていたので、まぁいいかと。しかして前回は丁度セール期間だったために3リッター缶が5000円オーバーのところ3000円ちょっとだったから試したのであり、現在はやっぱり通常価格。ムーンと唸りつつ、これまで普通に使っていたBPのMini Rouge 5W-30に戻すことにする。値段は3200円。それで部分合成油が使えるんだから軽自動車ってイイネ。

 

 さて、そのままオイル交換だけで終わらせるのもつまらない。ブログのネタになるようなものは無いかと思ってみたが、まぁネタのためだけに無駄遣いするわけにいかん。強いて言うなら、無味無臭の車内の芳香剤を10年以上ぶりに買ってみるか、というところ。

 それにしても芳香剤のコーナー。4種類程度のフレーバーが表面の瓶の形違いでたくさんあるようにしか見えん。オーシャン、スカッシュ、ムスク、シャンプー。ほっとんどこれ。なんかバス運転手の従兄弟が昔から自分のワゴン車に使っている(いい換えるなら昔のトラック野郎系の)強烈な匂い。もしくは若干ゴージャス系のうちの妹が自分の車で使っているようなむせるような匂い。

 

 コレジャナイ。

 

 もっとナチュラルな、それでいてシンプルなパッケージングが欲しいのだ。

 で、結局決めたのはこれ。

カーメイト(CARMATE) 芳香剤 ルーノ フォレストゲル プルメリア&ラズベリー G994

カーメイト(CARMATE) 芳香剤 ルーノ フォレストゲル プルメリア&ラズベリー G994

 

  パッケージが派手すぎず、匂いも悪くない。

 

 と言うか、どこかで嗅いだ事がある気がする。

 匂いというのは、人間の記憶に密接に関わっていると聞いたことがある。音楽などと同じように、記憶のインデックスになったり、それを思い起こす上でのつながりというか取っ掛かりになるらしい。

 その観点から、この匂いがどうも引っかかった。どこだったのか、何だったのか、それは思い出せないんだけど、いつだったかだけが明確に思い出した。

 

 高校2年の春から夏。多分間違いない。

 

 でも、どこで、なんの匂いだったのかが思い出せない。うーむ。

 

 ま、いいか。

 開封直後だからか、車に乗るたびにエライこと匂いが充満している(笑)。とは言え1個だけしか使ってないから、あっという間にほのかな香りに落ち着くんだけどな。

 それにしても、リラックス効果のあるジャスミンとかの匂いを車で嗅いだら寝ちゃったりしないんだろうかな(笑)。

 そんなこんなの日曜午前のお話。