Think Like Talking.

変わりゆく変わらないもの

スナイパー

 タイトルは天野月子だったかな。引き金はまだ引けない。

・スナイパー

 仕事だなんだとで前回更新から早くも1か月。あの直後、ゲロ吐きそうなほどガチガチに緊張しながらの仕事を控え、それが終わったらまたいろいろと。今もその仕事の絡みで東京出張からの帰り道。いつも通りJALの機内から更新でございます。ってか疲れで寝てしまい、結果着陸態勢に入って続きは家で打っている始末。

 

 で、何がスナイパーか。

 一つは朝活の話。もう一つはガチャガチャでござい。

 

 最近休みの日でもめっきり早朝に目が覚めるジジイ予備軍で。そのうえ夏至前ということで日の出も下手すりゃ4時前後。5時過ぎに目覚めてそのまま寝ているのももったいない。なので積みプラを消化することにした。

 ちょっと前にHGBDグリモアレッドベレーを作ったが、こういうミリタリー色あふれるキットを作るとちょっと連続して作りたくなる。なので、前々から気になっていたこれを作ってみた。

 HGBFケルディムガンダムサーガ。

f:id:rosso13:20180614183713j:plain

 意外に00関連のキットを作っているのだが、00MSVは初めてだなぁ。全身重武装の特殊作戦機設定なのだが、キットはもともとのケルディムのパーツが丸々入ったうえで追加ランナーでおまけ満載。なので本当は「セブンガン」のところ、ベース機のスナイパーライフルと本来は1丁のはずのアサルトカービンもう一つを持たせて「ナインガン」状態にできるという。こんだけ装備してたら現実問題動きづらいだろと突っ込みを入れつつ、グリモアレッドベレーの横に飾ってツーマンセルにして悦に入る。作成時間はだいたい5時間程度かなぁ。かなりゆっくり作ったくらいにして。

 

 さてスナイパー話もう一つ。ガチャガチャはもう足を洗おうと思っていたのだが、息子と二人で遊びに行ったときにたまたま気まぐれでやってしまったのですよ。

 

 MS ENSEMBLE 06。そう、5月リリースの第6弾。あのね、そこまでの執着じゃないのだ。第8弾で予定されているF91なら多分ダブりにダブっても後悔はない。しかし、一度回してしまった以上、揃えたくなるという人間の心理というものは御しがたい。

 3回回してV2アサルトの素体が2つ、ガンキャノン1つ。うーむ、これなら武器セットだけで前のシリーズでゲットしたV2バスターと合わせてアサルトバスターで完結してしまおうか。いや、それやるとスターク・ジェガンのパーツが丸々無駄になる。これはやはり...。しかしガチャで全部回すにはリスクもコストも高すぎる。何か良い手はないか…?

 そんな折、たまたま立ち寄った新さっぽろの文教堂ホビーにて、箱入りのシリーズを見つける。中身が見えないことは条件が同じ、値段で消費税が加算されるがこの際仕方ない。狙いどころは「1ケース10個が開封直後」だったということだ。ということは、1シリーズ5種類が2セット入っているのが確実ということ。あとは自分の目利き次第

 

 箱を持ち重さを比べ、中のパーツ構成を想像して箱を振った時の音の違いを見極める。その結果導き出された「初期配置での並び」の予想に元づき、残る3種類を当てるべく3箱を取る。会計を済ませ、駐車場の車の中で開封した結果。

 

 見事全弾命中!!!

f:id:rosso13:20180614225232j:plain

f:id:rosso13:20180614225412j:plain いやー、マジ嬉しい。ほぼ最小限のコストでゲットですよ。ってか本当にそろそろ足を洗わんとなぁ…。

 

 というスナイパーなお話でしたっと。