Think Like Talking.

変わりゆく変わらないもの

Dragon the Festival

 数年ぶりに地元のお祭りに行った話。

・Dragon the Festival

 9月の頭、毎年雨にたたられたり仕事だったりでなかなか行く機会のなかった地元のお祭り。最後に行ったのは大学時代に飲料品のバイトやってた頃、フラッと立ち寄って店の手伝いした頃だろうか。

 

 うちの家族3人と妹家族4人の計7人。うちの息子の面倒を、甥っ子二人が慣れない感じでやりながら、ワイワイとくじ引きだ射的だと楽しみながら進んでいく。

 

 ふと気づく。

 

 妹と最後にお祭りに来たのはいつだったっけ。

 俺が小学生の頃だろうか。その頃6つ離れた妹は幼稚園。もしかしたら、こうして店を回るのは生まれて初めてかもしれん。

 

 22年前に亡くなった母方のじいちゃんの思い出話をしながら。じいちゃんお祭り来たらゆっくり園芸見てたねえ、こっちの路地入ったら盆栽の出店があってそこでずっと見てたねえ、なんて話をしながら、二人でチョコバナナを食べる。俺と違ってお祭りを純粋に楽しむ(俺はどこか金が無駄になると思って雰囲気を楽しむだけだから)妹と、考えてみたらチョコバナナ人生初だ!!! なんて笑いながら。30年以上経って、お前とこうしてお祭りを歩いてるんだなとなんでかしみじみ思ったり。

 

 今はお互い家庭をもって、それぞれの子供を連れてきて、お小遣いやったり使い道で叱ったりと騒がしい道中だったけど。何とか交流して親を心配させない程度に仲良くやってる。うちの嫁も妹の旦那も、うちの家族とうまく溶け込もうとしてくれるおかげ。

 

 大人になるというのは、不思議なものだ。

 

 来年は来られるかな。