Think Like Talking.

趣味や子育て、ゆるい生活をつづる備忘録

NEO STREAM

メカコレ マクロスデルタ、リベンジ開始。

 今日は嫁さんがまさに「劇場版マクロスデルタ・絶対LIVE!!!!!!」を一人で見に行ったため、息子と留守番。その間、俺はここぞとばかりにメカコレ・マクロスデルタシリーズ筆塗りによるリベンジ開始。最初は最も塗分けが面倒アラド機から行ってみよう。

メカコレ・VF-31S

メカコレ・VF-31S

 すでに途中からだが。組み立ては素組みで何も考えなかったら20分もかからない。それこそシール仕上げならせいぜい1時間もあれば終わるだろう。今回は細かな塗分けも含めて筆塗りにチャレンジ。

 アラド機は、今までのシリーズ隊長機のように黄色系のラインが入ったスカルマーク(初代のフォッカー機やFのオズマ機など)ではなく巷に言う「クリスマスカラー」。すなわち、緑系のカラーリングをベースに赤いラインが差し色に入る。面倒なのは、デルタ小隊機特有の細い塗分けラインの間にも赤が入るので、さてどうしたものかと。

 というわけで、まず赤の部分を塗りキットのテトロンシールをうまく使ってマスキング、その上に緑を塗っていく作戦。

 赤は何とか塗れた。しかし緑を塗っていくうちにミステイク。色味がいいと思った緑系のNOCTURN GREEN、粗塗りでの色味は確かにイメージ通りだが、本塗りで発色していくと暗すぎる。これはヤバイ!! 結局、明るいが完全に緑のWAAAGH! FLESHで隠蔽。それが上の画像。コレ、ガンダムデュナメスとかに使えるなあ...なんて思いながら、まぁクリスマスカラーだしと自分を納得させ続行。

マスキングはがし途中

 これくらい引いて見る限りはそんなに違和感ないか。こんだけ面倒なマスキングは自分史上初だが、小スケールなのでまぁ塗装の段差は目立つわ筆塗りなのでモールドに若干塗料が流れてしまうわで修正のために小一時間。先日導入したシタデルのモールドラインリムーバー、大活躍

VF-31S 頭部付近の塗分け

 頭部付近もこの通り。テトロンシールだとドットが目立つ・若干モールドからずれるというのがあるが、極細の緑色センサー部も面相筆で。あ、頭部センサーの先端がまだ白=赤での塗分けが終わってないのはご愛敬で。

VF-31S キャノピー付近

 これもまだキャノピー自体を塗ってない。機首側のフォールドクォーツ部分はもう手順を確立できた。

今日はここまで。

 いや、ほんと引きで見る限りはそれらしくできた。近くで見ると粗が目立つが。アラドだけに。まだ機体下面が全く手を付けられていない(左側の脚部エンジンナセルをご覧あれ)けど、ここまですでに6時間。休日にちまちま作るには限界の時間。

 それにしてもこの色合い、イタリィの香りというかアリタリアカラーだな。機体下面の塗分けはあとフラップ前縁、脛部分に当たるグレー、インテーク周辺、足首部分のラインなどなど。墨入れ最初にやっときゃよかったかなぁ...。続きは不定期で。


www.youtube.com

アフロ軍曹

朝起きたらケロロ軍曹が「踊っていた」

ケロロ軍曹アニバーサリーパッケージエディション

ケロロ軍曹アニバーサリーパッケージエディション

 ある朝、家族の誰より早く起きて居間のカーテンを開けると、窓際のテーブルで6歳の息子が作ったケロロ軍曹が「踊っていた」。や、単にベースの上でポーズ付きで立っていただけなのだが、アニメ第一期EDの「アフロ軍曹」を彷彿させる表情とポーズで彼は「踊っていた」ように見える。

 この、いわゆる「ケロプラ」シリーズは初めて手に取り、息子が作ってみたいと望むため与えたのだが、プラモデルで遊ぶということの原点、もっと言えばポーズを付けて飾ることの原点を考えた。

 見ての通り、ガンプラのようなバッキバキのモールドは皆無。色はせいぜい5色程度。エヴァのような生物的にヌメッとした可動軸を入れる余地のないフォルム。手足はポーズに合わせた固定のものがいくつか付属し、それを組み合わせるタイプ。付属品といえば、劇中で出てきた初代ガンダムをモチーフにしたライフルやシールドなど。とってもシンプル。

 でも、子供が遊ぶものと考えるならこれで十分なんだろう。その制約の中で、「ケロロならこう動く」「こんなポーズなら楽しい」というのを考える、組み合わせる。そんな結果が、朝の光にたたずむダンシング・ケロロだったのだろう。

 素材の表面は帰るという設定どおり光沢のあるスムーズさ。下手に塗装してつや消し・トップコートでつやつやにしてしまうと違和感が出てしまいそうな絶妙な「ぬめり」。目は標準とトップ画像の「ゲロゲロリ」顔を後部のレバーで切り替えられるギミック。シールも最小限。それでも、そこに出来上がるのは確かに「ケロロ軍曹」であります。

 劇中のオプションをてんこ盛りのキットも多いけど、これくらいシンプルでいいんじゃないかね。楽しみ方はそれぞれ、そしてアニメの舞台的に日常の中である以上、自分の現実の片隅に「もしケロロがいたら」というシチュエーションを実現するには十分なのかもしれない。

 


www.youtube.com

ギザギザハートの子守歌

シタデルの純正ツールを追加した話

♪ナーイフみたいに尖っては、というわけでナイフとかの話。

 前回のメカコレ・マクロスエリシオンの話の時に、艦橋部分の開口の話を書いたのだが、その直前にとあるツールを入手していた。実は手持ちのヤスリでああした狭い部分の研磨に使う細身のヤスリがなく、どうしたものかと思っていたのだ。普通にタミヤの定番とかでもいいのだけど、この際だから人柱...いや、なかなかネットで調べてもレビューの少ないアイテムを選んでみたくなるじゃない。この前のモールドラインリムーバーとも揃えてみたいし。

シタデル ヤスリセットとホビーナイフ

シタデル ヤスリセットとホビーナイフ

 amazonではなくヨドバシドットコムで注文。ヤスリセットは札幌店にあったのか2日で、ホビーナイフは道外からの輸送で4日ほどで到着。急いでないから問題なし。

シタデル ホビーナイフ・ヤスリセット開封

シタデル ホビーナイフ・ヤスリセット開封

 ヤスリは2本セット、粗目と細目だが、どちらも精密モデル用のためそこそこ番手は高い=表面処理用と考えた方がよさそう。広範囲をガシガシ削るような用途ではなく、もともとウォーハンマーシリーズの精密なフィギュアの入り組んだ場所の処理のためのものだしね。

 左ホビーナイフは、いわゆるデザインナイフ。今使っているタミヤモデラーズナイフに比べると切っ先が鋭角。まぁこれは替刃でなんとでもなるだろうけど、本体が金属製で重厚感がある。

シタデル ホビーナイフ分解

シタデル ホビーナイフ分解

 センターのパイプ、ナイフ替刃を固定する先端、それを締めるロックの3パーツ構成。今も愛用しているタミヤモデラーズナイフは本体が樹脂製、固定するネジ部分が金属製のシンプルな構造。あとは好みの問題。

シタデル ホビーナイフ

シタデル ホビーナイフ

 で、替刃を装着した状態。先端の保護用キャップが少し心もとないけど、まぁこれから用途に応じてタミヤ製と使い分けていこうかと。

 そんな感じで、あまりレビューを見ないシタデルのツールについてということで。

CITADEL FILE SET

CITADEL FILE SET

  • Games Workshop
Amazon

 

A.D.2067

メカコレ マクロスエリシオン筆塗りの巻

メカコレ マクロス・エリシオン 筆塗り全塗装

メカコレ マクロスエリシオン 筆塗り全塗装

 前回の日記でちょっと見えていたメカコレ マクロスエリシオン。こいつに至っては4年ほど前に組んだ時に完全素組み。そう、塗装どころかシールだけ。もともとカラースキームも何も、設定を探してもなかなか見つからない。そうかといって、肝になる空母部分(艦首に接続されたアイテール・ヘーメラーの2隻)のマーキングも筆で再現しようとすると大変とわかっていたので、そのまま放置。

 しかし、ほぼほぼ単色、しかも通常の空母など実在艦船を参考にすればそれらしく出来上がるのでは?と思い手を付ける。

f:id:rosso13:20211007174032j:plain

塗装前。

 実は艦橋部分の逆三角形形状のアンテナ? みたいなところも以前は開口せず。今回ピンバイスとやすりを使って開口に挑戦。上の塗装前写真ではすでに開口させているのだが、これくらいの大きさ。

f:id:rosso13:20211007174040j:plain

デルタ部分開口と比較対象の面相筆。

 概ね一辺7mm程度。雑誌の作例では自作でエッチングパーツを組み込んだ方もいるが、さすがにそこまでのカロリーはない。てかそんな手段持ってないし。なので正攻法で。で、この画像で見えているように、甲板部分はこんなテトロンシール。こいつを剥がし一気に塗装。

f:id:rosso13:20211007174147j:plain

メカコレ マクロスエリシオン 筆塗り途中

 これは途中だけど、なんか一気に「ヤマトの諸君...」とか聞こえてきそうな。大昔、5歳上の従兄弟がまさに超合金の宇宙戦艦ヤマト(当然初代)を持ってたが、こんなだったなぁ色。

f:id:rosso13:20211007174204j:plain

メカコレ マクロスエリシオン正面から

 こうしてみると、劇中のイメージっぽく見える。カラーは当然シタデルカラーの筆塗り全塗装。

  • 全体グレー:MECHANICUS STANDARD GREY
  • 甲板部分:THE FANG
  • 甲板ライトグレー:DAWN STONE
  • 吃水部分:KHORNE RED
  • 艦橋キャノピー:RETRIBUTOR ARMOUR
  • 推進機関:LEADBELCHER+BLACK TEMPLAR
  • 全体フィルタリング:NULN OIL

 というお手軽仕上げ。グレーでザザッと塗って甲板をグイッと塗って吃水部分をシャッと塗って推進機関をシュワシュワッと塗って最後にフィルタリングをザバー。艦橋のチマッとだけピカリと塗ればもう、ね。もともと精密なモールドがなされているから、下手に手を入れる必要はないくらい。甲板のマーキングとかも、実物(の設定)の大きさから考えればまぁいいや。これくらいの緩さでウォーミングアップということで。

 

僕らの戦場

メカコレ・マクロスシリーズリベンジ!!!

f:id:rosso13:20211007174213j:plain

 HGUC Hi-ν、まだ終わってません!!! すんません!!! 横道逸れまくりで。

 今週末=明日から公開の「劇場版マクロスデルタ・絶対LIVE!!!!!!」。嫁が珍しく見に行きたいシリーズの一つであり、公開を心待ちにしていた模様...だが、こういう情勢下、よく公開に踏み切ったと。

 翻ってプラモを陳列している棚にあるメカコレ・マクロスシリーズ。TV放送時にリリースされたので5年ほど前のモデルだが、一応デルタ小隊全機作ったは作ったのです。当時はラッカー塗料筆塗り・テトロンシール大部分で機体下面はほぼ塗分け無し。更にキャノピーやフォールドクォーツ部分のいわゆる「光り物」の仕上げをそのままにして4年ほど放置。

rosso13.hatenablog.jp

 この時でまだメッサー機が完成していないという体たらく。この日記の後、一応5機編隊でディスプレイしマクロスエリシオンも後ろで飾っていたのだが、なーんとなくそこで勢いが止まってしまい。新作映画も出るし40周年だしということで、今回引っ張り出してきたわけで。

 冒頭のデルタ小隊機のうち、一番最初に作ったハヤテ機=デルタ5のみミラーシールを使って光り物部分を仕上げていたのだが、今回すべてはがして仕上げを統一。すなわちシタデルカラーで筆塗り。この5年間のうち、最も強力なウェポンと言える。こいつのおかげで、今まで素組みで仕上げてきた過去のプラモを何とかしてやりたい、という気持ちになれた。

 過去作ったとき、フォールドクォーツ部分はテトロンシールを切り抜いてプラ部分にミラーシールを貼る予定だったので、その部分にIRON HANDS STEELを下地塗り。そこにTECHNICALラインのSPIRIT STONE REDを重ねて宝石風に。キャノピー部分は無難にRETRIBUTOR ARMORで光らせる。

メカコレ・VF-31F メッサー機

 こんな感じに見えるわけです。とりあえず劇中のイメージには見える。メッサー機はドーサルスパイン(コクピット後方から伸びていく、実機ならコンピュータなどが収まるスペース)にある頭部センサーが青。こいつはさっきのIRON HANDS STEELの上に同じくTECHNICALラインのSOUL STONE BLUEで光らせてみた。

 こんな感じで全機塗ったのがコレ。

デルタ小隊+マクロスエリシオン

 や、コレそこそこ離れてるから綺麗に見えはするけど、近づくと結構粗が目立つ。もう少し、もう少し何とかならんか...というわけで、再度俺の戦場へ。そう、これが「僕らの戦場」につながるわけですハイ。

メカコレ・リベンジ本編のプロローグ。

 札幌近郊の模型店を回り、デルタ小隊「4機」まではそろえた。メッサー機、どうしてどこにもないかなぁ。ネットでは定価販売が無い。まぁ4機作って完成する頃には再販されてるかな、などと淡い期待を抱きつつ。今後不定期でお送りする予定の「シタデルカラーで筆塗り・メカコレ マクロスシリーズ」のまっきっ。作れるか、俺がヴァールに...いや老眼になりきる前に!!!

 ちなみにドラケンIIIも控えてるんだけどね。これくらいのサイズ感が最近はちょうどいいかな。

 しかしamazonでも品切れしているメッサー機。アラド機は意外と探すと実店舗でも手に入る。色分け、どういう順番でやるかなぁ...。

東方的威風

CITADEL HOBBY PROJECT BOXを買った話。

 で、なんでタイトルが「東方的威風」=「プロジェクトA」のタイトル曲かって? まあPROJECTつながりってことで。

f:id:rosso13:20210923220412j:plain

CITADEL HOBBY PROJECT BOX

 昨年夏にシタデルカラーを導入してから約1年。足りない色や基本色をコツコツ買い足してきたのはいいのだが、収納する箱に困ることとなる。100均のファイルケースでピタリと入るサイズのものもあるらしいのだが、シタデルのサイズとして通常の12ml・倍量の24ml(メディウムなどのテクニカル系)、コントラストシリーズの18mlとフットプリントは同じだけど高さだけで3種類。そしてベース・レイヤー・テクニカル・コントラストというメソッドに沿った種類が存在するわけで。

 ついでに言うとツールも別のケースに入れていたのだが、塗料と別に持ち歩くのがなかなか危ない。出番の少ないツールは別として、基本となるニッパー・デザインナイフ・ピンセット・ハードコートやすり程度はすぐ手元に取れる場所に入れておきたい。

 そうした条件を満たすケースを作ってしまおうか...と思ったら、シタデル公式であるじゃないの。さすが外人さん、しかもサイズがでかい。レビューとかも見てから買おうかと思ったが、いかんせん記録が少なくショッピングサイトでもあまり情報がない。そのうえただでさえ物流に制限のある北海道、店頭在庫がある店もなく、結局ヨドバシドットコムで注文。少し遅めの自分への誕生日プレゼントということでスパっと購入。

 サイズ的にはThinkPad X1 Carbon(6th)=ディスプレイ14インチよりも二回りほど大きいフットプリント。厚さはまぁ、同じくシタデルのウォーターポットと同じくらいか。

f:id:rosso13:20210923220416j:plain f:id:rosso13:20210923220419j:plain

 さて中身を開けてみる。サイドのロックを両側外し、天板はガバッと丸ごと外れるタイプ。ヒンジで開くタイプではない。

CITADEL HOBBY PROJECT BOXオープン

 開けた直後はこんな感じ。中身が入っていないから当然軽い。

CITADEL HOBBY PROJECT BOX 内容品

CITADEL HOBBY PROJECT BOX 内容品

 セット内容としては

  • ペイントラック x 3(12mlの標準サイズが21個差し込み可能)
  • ベース部分(左上のでかいの)に横倒しで標準サイズが最大56個収納
  • ツールラック x 2
  • 各ラックのスタンドパーツ x 10(袋に入った奴ね)

 というところ。当然ながらケースのみで塗料自体は付属しません(笑)。ペイントラックのハニカム形状は意外とタイトで、ペイントボトルが簡単に抜けない程度のテンションになっている。多少傾けた程度ではバラバラ落ちることはないので、ラックスタンドで角度をつけてラインナップしても安心。またハニカムの底部はラック中心が高く外側が低くなっているので、先のサイズ(12ml/18ml)をうまく配分してやれば上部が面一になるかもしれん。俺はそこまでカラー持ってないのでやらんけど。

 ツールラックへの収納例はさすがに公式を参考にしてもらう方がいいか。手元にある自分のツールをうまいこと内部のピンに引っ掛けることで、ガシャガシャと中で動き回ることも少ない様子。ただ長さに制限が出るかな。自分はタミヤのクラフトヤスリPROの平10mm/16mmの2本がどう頑張っても入らなかったので、ベース部分の何も入れていない場所に仮に入れてみた。ハードコートヤスリPRO・半丸7.5mmは斜めに入れたら入ったかな。

 まぁ手元にあるカラーが40個少々のためラックをフルに使うほどはないのだが、問題としてはラックにカラーを入れた状態でベースに格納しようとすると組み合わせによっては蓋が閉まらなくなる、ということか。自分の場合はペイントラック2つ使用・ツールラック2つ使用でペイントラックは1つ余った状態。これが高さを取らないのでいいのだが、ツールラックの高さがあるためペイント格納したラック+ツールラックを重ねられない。格納していないペイントラック+ツールラックだと1ポジションに入る。というジレンマ。まぁおそらく、塗装するフィギュアに合わせてペイントラックに必要なボトルをラインナップし、手元に整理しておいておく、という使い方を想定しているのかもしれんね。

 とはいえ収納用量的には申し分ない規模。返す刀でモールドリムーバーも買っちゃったくらいにして。

CITADEL MOULDLINE REMOVER

CITADEL MOULDLINE REMOVER

 模型関連サイト・nippperでも紹介されていて、興味があったのだが素組程度の自分には要るかなぁ...と二の足を踏んでいたのだが、ここ1年塗装をするようになってやっぱりもう少しきれいに作るにはほしいかな、と思って購入。

nippper.com

 もちろんシタデル純正のため、ツールラックには楽勝で入りますハイ。

 さて、このボックスを使って模型を作っているシーンがこちら。

使用例

 居間のテーブルでもあまりものが散らからずに作業できるようになりましたとさ。なんかコチャっとしている感じがするのはですな、左側に息子がおもちゃを展開しているからです。

  というわけで、シタデルカラーを使っているのであれば非常に使い勝手のよろしいアイテムということで、どんなもんか迷っている方に向けて何等かの情報になればと。あ、ちなみに収納状態で横向きに持つための取っ手(鞄のような)はついていないこと、そして収納できる塗料がめっちゃ多いので、フル搭載時はなかなかの重量になることだけ注意を。うーん海外製品。

Citadel Large Project Box

Citadel Large Project Box

  • Citadel Paints - Cases & Sets
Amazon


www.youtube.com

深紫伝説

HGUC Hi-νガンダムリペイント続き

f:id:rosso13:20210923220434j:plain

 といってもこの前の続きなので大した進捗でもないのだが。画像は片付け前に撮影しようとした時、息子が持ってきたガシャポン戦士fの無印νと。

 前回は本体を中心に明るめの成型色ブルーの部分をシタデルカラーのパープル(NAGGAROTH NIGHT)で塗っていった。今回は残っていたバックパック周り(ファンネル含む)を塗装。ほかにファンネルのジョイント付近をメタリック系(IRON HANDS STEEL)で塗り分け、頭部バルカンなどの細かな部分を少し色味を変えブルーがかったメタリック系(GREY KNIGHTS STEEL)にて塗装。全体としての塗装はこんなもんでいいかとも思うのだが、ここまで来たらもう少し手を加えてやりたくなる。

 よく考えたら、これを作っていた当時は墨入れもガンプラマーカーの細い奴(墨入れマーカー)でやってたものだから、エナメル系の墨入れ塗料などは使っていない。そのほか細かな粗が今更ながらに見えてきたので、もう少し何とかならんかと。

 これはアレか、10年以上たった俺のある意味成長と言えるのだろうか。

 

 なんてなことを徒然思う秋分の日。次回予告、Hi-νの話題からちょっと横道それます。