Think Like Talking.

趣味や子育て、ゆるい生活をつづる備忘録

ZERO

1/144戦闘機シリーズ再開しますよの話。

プラッツ 1/144 F-2A

プラッツ 1/144 F-2A

 さて、前回まででPLAMAXのminimum factoryシリーズのヴィネット3部作はひと段落したので、積んでいた1/144戦闘機シリーズに戻ると書いた。途中で止まっているF-14ラーズグリーズも進めようと思うのだが、どうも...なんか...

 

 F-2Aを作りたくなってきた

 

 迷ったときは心に従え、というのが座右の銘なので、辛抱溜まらずプラッツの1/144 F-2Aのランナーを開いてみる。

プラッツ 1/144 F-2A ランナー

プラッツ 1/144 F-2A ランナー

 小っさ!!! これ小っさ!!! パーツ少な!!! や、ガンプラとかに慣れていると「こんなもんで形ができるのか!!!」と逆に新鮮になるが、それもそうだ、手を加えようと思うとどこまでもできるだろうし、それを楽しめるようにやっとなってきたのだ。

 パッと見たところ、着陸脚の開閉選択はあれどせいぜいパーツは20程度。ガンダムアーティファクトより少ない。しかし猛者はこれを徹底的に作りこむんだろうなあ...。俺は猛者ではないので自分のペースで楽しみますハイ。仕様をどうしようか迷っているのだが、まずは実機=JASDF仕様に準じて作るか。これはノーマルだし。もう一機、スーパー改(SKってやつか)も控えているしなあ...。

 しかして、1/72に比べてパーツが少ないのはディティールもだが武器がほぼついていない素体であることも影響。AC7での雄姿を再現したい!! というのもあるため、それじゃあとウェポンセットも入手。

プラッツ 1/144 航空自衛隊ウェポンセット(現用機)

プラッツ 1/144 航空自衛隊ウェポンセット(現用機)

 F-2用が多いが、F-4EJやF-104、F-1用も同梱。しかしてF-2用は翼下パイロン数がなぜか「3つ」、他も3の倍数が多い。ナベアツか!!! と思ったが開梱して納得。

 同じランナーが3枚入っている。そうか、これが航空機モデル(というか戦闘機モデル)界の洗礼というわけか。戦闘機モデルは小学生くらいの頃に作った1/72のF-14Aが唯一の記憶があるが、30年以上経って浅瀬から漕ぎ出したらこういう世界があるのかとちょっと面白くなってきた。まあウェポンセットは箱裏の内容品を見てから買っているのでもう1セットある。ASM2対艦ミサイルx4+対空ミサイルx2+600ガロン増槽x2の「対艦番長」モードも再現できるというわけで。そんじゃ素のF-2Aは対空戦闘コンフィグ、F-2A改は対艦番長モードにしてやろうか。いや、逆の方がいいのか...?

 こういうあれこれ考えている時間が楽しいねえ。さあ、試合開始。

 あ、タイトルはF-2Aの非公式ペットネームらしい「Viper ZERO」から。

 

雨に唄えば

PLAMAX・スコープドッグ「いつもあなたが」完成の話。

PLAMAX・スコープドッグ いつもあなたが

PLAMAX・スコープドッグ いつもあなたが

 前回の日記でPLAMAX・スコープドッグの2体セットのうちOPの「炎のさだめ」を完成させた話を載せた。で、今回もう一つの「いつもあなたが」を予告通り作成。

 といっても残りはウェザリング程度まで進めていたので、仕上げに入る。EDのイメージで行くと、「ウドの夜、酸の雨に打たれるスコープドッグとファンタムレディ」ということで、全体にシタデルのNULN OILでフィルタリング。わざと濃淡を大げさに付けて雨のたまっている部分に濃く塗料を残るように。

コクピット近影

 そんでも乾燥したらNULN OILもあまり目立たん感じ。

途中経過

 これの方がわかりやすいかも。

フィアナのパーツ

後ろ側

 瓦礫の造形的にもう少しランダムに汚れや濃淡を付けてもよかったかもな。

 というわけで、PLAMAXのミニマムファクトリーシリーズ、3部作コンプリート。次回は1/144戦闘機シリーズに戻りますハイ。

 

M八七

「シン・ウルトラマン」とPLAMAXスコープドッグの話。

PLAMAX スコープドッグ 炎のさだめ

PLAMAX・スコープドッグ 炎のさだめ

 や、昼間にPLAMAX・スコープドッグを塗って夜にAmazon Primeで「シン・ウルトラマン」を見たってだけの話なので考察とかいろいろを期待しないように。

 先日サフ吹きまで終わっていたスコープドッグの立ち姿。まあまあ、可動部分もないしさっと作ってさっと塗るよろしという感じで、ちょこちょこ塗ること2時間ちょっと。この前のダグラムと同じく自分的にはいい感じに出来上がる。

 もうね、なーんにも変化球は使わないガチンコストレート勝負。シタデルカラーで本当にベーシックなスコープドッグを塗って、瓦礫とぶっ壊れた他のスコープドッグの残骸を踏みしめ佇む姿にしただけ。オレンジ系のプラスチックを真っ黒にサフ吹きした上で、プロ作例のような「夕日に照らされているようなオレンジ系の色味で云々」なんてしないしできないし。そんならそういう光線で写してやりゃそれなりに見えるんじゃないか...と。

 あ、トップ絵はそんな風に見えるようにちょっと画像の色味を加工はしてますが。撮った画像があまりに暗すぎてちょっといじったのさ。

 使った色は下記のとおり。すべてシタデルカラー。

  • サーフェイサー:CHAOS BLACK
  • グリーン部:CASTELLAN GREEN
  • ライトグレー部:GRAY SEER
  • バイザーなどグレー部:MECHANICS STANDARD GRAY
  • 金属部分:IRON WARRIORS
  • ベース部分:MECHANICS STANDARD GRAY+LEADBELCHERドライブラシ
  • 全体フィルタリング:REIKLAND FRESH SHADE
  • 金属部ドライブラシ:IRON HANDS STEEL
  • ターレット:IRON HANDS STEEL+SOULSTONE BLUE/SPIRITSTONE RED

 ここまででまだ14時過ぎ。もういっちょ行けるか? と思い手を付けたもう片方の「いつもあなたが」。

PLAMAX スコープドッグ いつもあなたが

PLAMAX・スコープドッグ いつもあなたが

 部品少な目に見えるけどこの右側にまだあります。仮組して色が乗るところにサーフェイサーを吹いて、大体こんなところかと。フィアナの顔部分があるので黒ベースだと大変なのを予想し、また色味を少し変えてみようと思ったのでこっちはグレーサフ。EDのイメージだと「夜の明かりの下、酸の雨に打たれる姿」のようなので、若干暗めの色からシェイドで錆の流れ落ちる跡をつけて...という感じになるか。その辺はまた後日。

 ちなみに作例を検索してイメージを膨らませようと思ったら、YouTubeでガッカリ感をぶつけている方が。まあ確かに肉抜き穴がばっつり開いているのはどうかと思うけど、こういうのを何とかするのもプラモの一つの楽しみではあるからなあ。俺はやらんかったけど。それっぽい形・立ち姿を手軽に手に入れられる、しかも組むだけだったら下手すりゃ20分程度で...で十分じゃないのかな。「高い」というコメントもあったが、たいしてロットも出ないニッチなモデル、昔のガレージキットみたいなのがこの値段で手に入ると思えばむしろこんなもんでしょ。2個セットだし。

 で、半分くらい塗ったところで日没コールド、いや時間切れ。ベースその他のウェザリングは後日再試合ということで。

PLAMAX ダグラム スコープドッグ 炎のさだめ

PLAMAX ダグラムスコープドッグ

 なんかそれなりに高尚な趣味っぽく見えるアイテムだな(笑)。

 

 さて、夜はPrime Videoで「シン・ウルトラマン」視聴。子供の頃から特撮方面は見ていなかったのでそこまで思い入れはないのだが、ほう、これはこれで面白い。ただカメラのカット割りやらが完全に庵野節。実写エヴァ、という感じに見える。所々の崩しやら小ネタが、ある一定世代より上なら楽しめる感じだな。メフィラス構文、そうかこれか(笑)。息子としばらく遊べそうな。

 終わり方も変な悲劇にせずある程度希望を持たせる、ただ余韻や後日談なくバツンと終わった感じではあるな。らしいといえばらしいが。そしてエンディングの「M八七」、いいですな。

 ネタバレを避けて伝えようとするとこんなもんだ。そんでも「もやっ」とするような映画ではないのは確かだね。


www.youtube.com

 

 という土曜の一コマ。

 

 

さらばやさしき日々よ

PLAMAX 朽ちダグラム製作の話。

PLAMAX 朽ちダグラム

 5月頃発売の時に買っていたPLAMAX・朽ちダグラムヴィネットサイズの固定モデルでパーツ数も少なく手軽に作れるのだが、さてどう作ろうかと思案している内にあっという間に半年タイムリープ。その間に続編のPLAMAX・スコープドッグが発売されてしまい、先日一気に仮組みまで進めたのが前回の話。

rosso13.hatenablog.jp

 で、形を作ったまではいいものの天気が悪くサフ吹きに移れず。ようやく乾燥した初冬らしい天気になったのでサフを吹く。

朽ちダグラム・黒サフの図。

 もうそのまま完成でもいいかと思うくらい味わい深い姿なのだが、せっかくなので設定カラーに沿った着色後、行き当たりばったりでウェザリングすることにする。使用するのはいつも通りシタデルカラー・筆塗り・全塗装。こういう小サイズのプラモを塗るのにがぜん使いやすい。

 とはいえイメージ画のような夕日に照らされ砂漠に打ち捨てられたイエローなダグラムはうまい人に任せることとし、自分は子供の頃に手に入れられなかった設定に近い色を探すところから。グレー部分はさほど悩まずGREY SEER、赤部分はMEPHYSTON REDでいいんだけど、さて装甲部分はどうしよう。紫がかった青色が一番近いんだろうけど、上から砂っぽいウェザリングで塗りたくってしまうのだからあんまり気にしなくていいかぁ...。

 ということで、色自体はKANTOR BLUEを選択。打ち捨てられたリニアハンドガンや背中のターボザック、関節系のメタリック部分はIRON WARRIORS。

途中経過。

 そこそこイメージ通りだと思うのだが。さあここから慣れないウェザリングの開始。

 土台部分をZANDRI DUST→WRAITH BONEで砂漠っぽく。全体的にオイル漏れというよりは金属の色剥げや錆の方が発生していると解釈して、BALTHASAR GOLDでドライブラシ。更にその上に砂が吹き付けられたと解釈してWRAITH BONEをドライでフィルタ。するとこうなった。

トップ画像の角度違い

 あおりで見るとそれなりにそれなりの雰囲気が出た気がして。どっちかというと筆絵っぽい方向になってきたので、途中からそっちにシフト。

後ろ側から

 ターボザックは金属むき出し、砲身もその延長上と解釈してみた。追加武装だしな。

別角度

 まあ埃っぽい雰囲気は出せたんじゃないか。

仕事を終えて帰宅後のお父さん

 ベース部分のサイドはサフの黒をベースに金属色でドライブラシ、金属の削りだしっぽい素材感を。うーん、意外に楽しい。

 うまい人から見たらわざとらしいウェザリングだのいろいろと甘い部分もあろうかと思うけど、まぁ放映当時はこんなモデルは手に入らなかったアラフィフの手慰みってことで。

 いやー、楽しい。スコープドッグ2パターンも楽しみだわ。


www.youtube.com

CRIMSON

PLAMAX スコープドッグ着弾!! の話。

PLAMAX スコープドッグ -炎のさだめ/いつもあなたが-

 PLAMAXでいわゆる「朽ちダグラム」がリリースされてから、可動モデルではなくポーズ固定のヴィネット向け小スケールモデルが企画されるようになり。まだそっちも作ってないのにこいつがリリースされてしまったよ。

 発表・予約開始が半年ほど前、多分そこらで手に入れやすいだろうなと思っていたが、店自体に行く暇がなかったり、知名度的にダグラムよりはやっぱりあるんだろうなと思いAmazonで予約したのが10月。リリースまでに若干値上がりしたのか? と思ったが一応3000円台で購入できた。

 小スケール・ポーズ固定で4000円近くとそこそこいい値段だなあ、見送るかと思ったが、実際にはシーン違いの2個入りという。あ、それならわかるわ。オープニング・エンディングの印象的なシーンが切り取られている、成型色違いの2個。よし、一気に作るか。朽ちダグラムも一緒に(笑)。

 サフ吹き前の仮組で固定をどうするかと思っていたのだが、セメダインBBXなる「貼ってはがせる」接着剤があるということで。これで計画が立てやすくなったぞ。戦闘機モデルのステンシルデカールが到着するまではこっちやるか。

 

 ちなみに着弾の日の晩飯はこれ。

いなぎペアテラスさんで購入してきた「レッドショルダーカレー」

 辛いは辛かったけど、LEE20倍の辛さまではいかん。や、辛味の方向は違うけどおいしゅうございました。

 

 

Nice&EZ

自作の限界と市販品の話。

1/144 F-15Jリペイント GALM1仕様

 数ヶ月前に基本的な塗り分けまで終えて、そこからしばらくモスボール状態で止まっていた童友社の1/144「F-15Jアグレッサーシリーズ」のリペイント・GALM1。何がネックで止まっていたかというと、

デカールがない」

 そう、部隊章や国籍マーク、そして「機体番号」。1/72ならそれこそ公式のモデルがリリースされているので最悪モデル自体を買うという方法もあるが、1/144はだいぶん前にトミーテックとかでMobius1やYellow13、GALM1/2も出ていたくらい。かと言ってそうしたマーキング自体を探すのも難しい。特にミリタリーステンシル(文字)なんて需要がありそうなものだが、そこらの店では見つけられなかった。

 なければ作る。気になっていたインクジェットプリンタを使ったデカール自作に手を出してしまおう。

 ガルム隊、メビウス1、ラーズグリーズ隊、トリガー、ウスティオ空軍、オーシア空軍、ISAF...というところをなんとか用意し、背景が白にできるシートに慎重に大きさを合わせて印刷。

 ...滲む。

 や、市販のパキッとしたラインまでは流石に望むべくもないけど、それにしたってねえ。ってくらい滲む。プリンタ設定もありそうだが、台紙の枚数も限られている中で何度も試行錯誤はできん。

 とりあえず部隊マークは小スケールということで「こんなもんだ」と自分を納得させたが、いかんせん番号系だけでもどうにかしたい。書くか直接? いやそんな技術持ってたらそもそも部隊マークとかも塗ってるってこのサイズ。

 結論。

「金で解決できるならそっちを取る」。

 そもそもデカール印刷の発端はAmarillo USAFフォントをフリーで入手できたこと。しかしガンプラならともかく、世界中でメジャーなミリタリーモデルならステンシルだけのデカールがどこかに売ってるのでは? と思い検索してみると。

 あったじゃん...しかも結構なサイズがまとまってシートになってるじゃん...。

 結果、黒・グレー・白で色んな機体色に使えるようとりあえず揃えてみる。今考えているだけで黒は通常使用・グレーはステルス系のF-22メビウス1など、白もF-14ラーズグリーズの仕上げ直しに使える。後はAmazonで届くのを待つ。

 今やいろんなものが探せばある時代なんだねえ...。

F-14ラーズグリーズの進捗

 インテークのコーションラインはフリーハンドマスキング。にしてはよくマスキングがまっすぐになったもんだ。ミサイル類の実弾表示(黄色・赤ライン)もこのサイズだからそれっぽく見えますな。上の画像の機体番号は30MMのシールから。サイズはいいとして少し字体が違うのがねえ。これもスケール上そこまで気にしなくてもいいかもしれんが。問題は機種横のライン。これも課金アイテム使うか...?

 この辺りが解決すると一気に進められそうな気がする1/144戦闘機シリーズ。架空設定再現にはハードルの高いところではあるが、どうするかを考えるのも楽しいもんだ。

 

 とか言って嫁さんに結婚記念日がてら服を買いに一緒に出かけたらこんなものを見つけ。

 何気なく手に取ったら、こいつにトリガー機のデカールついてんじゃねえか!!!!

 

 さすがにそのためだけに買うことはしませんハイ。そこまで思い入れのない機体なのでね。これからゲーム中で使ったら思い入れも出るかもしれんけど。そんな話。

 あ、オチとしては「やっぱりメーカーが工業製品として作るものってすごいよね」。以上。

防人の詩

1/144戦闘機シリーズ、航空自衛隊機積みプラが増えていく話。

プラッツF-2A改(想定仕様)

 ハマると構想が先走り、手に入れられる内に確保したいと思ってあちこち歩き回り、とりあえずはモノを買っておいていつ作るのか? というループに陥るパターン。皆様いかがお過ごしで。

 先月のオペレーションMEPEから早1か月。その間プラモなんか全く触れないガッデムな10月・レッドオクトーバー。息抜きに買ったXbox series Sで今更ながらACE COMBAT7をプレイし(一日20分程度)、キャンペーンモードを1周したのが購入から1か月半経った10月末。いや面白いんだ、ゲーム画面でヴァーティゴ(空間識失調)に陥るほどに!! なんかいろいろ周回遅れな気が。

 さてそうしているとやはり作りたくなるじゃない、ゲーム中の架空所属機。すなわちトリガー機=ストライダー1。トップのF-2A改はゲーム中では「Super Kai」なるDLC機体で登場。まぁこれはそのまま作るとして、7のイメージ機体はF-22なのかな。でも確保済みのF-22メビウス1で作る予定。そうするとF-35か。色的にもストライダーっぽいし。

プラッツ 1/144 F-35A 航空自衛隊 2機セット

 店でも自分で興味を持って見なければ気づかなかったが、このサイズで2機セットというのがどうして存在しているのか謎だったが。脚庫を開けた駐機状態・閉めた飛行状態を同時に再現できるのね。シュレディンガー。失敗しても作り直せるとかそういう後ろ向きな考えではなく。

 しかし箱を開けてみて気づいたが、意外なほど武装が同梱されていない。F-2Aに至っては増槽タンク程度でミサイルは別売り。まぁ自衛隊機だからそれはいいんだけど、まったく何もつけない刺身の状態ってのも味気ない。というわけで探してきたぜ1/144サイズの自衛隊用ウェポンセット。

同じくプラッツの航空自衛隊機用ウェポンセット

 AAMはそこそこついているけど、なぜか3発ずつだったり。ASM(対艦ミサイル)は2本ずつ、「対艦番長」と言われるF-2の爆装形態を再現するにはちょっと心もとない。かといって、意外と実店舗でこれ売ってないのだ。7軒くらい回ってようやく見つけたくらいにして。結局Amazonでももう1セット注文しちまったい。どうせF-2を2機・F-4EJもあるからいろいろできらぁな。

 さて9月に作り始めたF-14B「ラーズグリーズ仕様」、実はまだ止まっている。ちょこちょこと脚庫の縁やら着陸脚やらを塗ったりはしているものの、機体番号などの「文字」マーキングと部隊章など既存デカールで代替できないものをどうしようかと思っている間にこの体たらく。どっかに1/144スケールですぐ使えるACE COMBATデカールとかないもんかね。汎用の。

 というか、自分で自分を笑ったのです。どうしてニッチな方向に行くのだ俺は。1/72だったらそれこそ腐るほど選択肢もある。場合によっちゃ組むだけでそのまま主人公機になる機体だってリリースされてる。1/144シリーズは探すだけで一苦労、コーナーを見つけたはいいがあるのはT-4やF-1やF-4やF-2やF-18Aやら。国内ではプラッツさんがF-toys製などをリリースしているが、ドイツレベルやアカデミーやらは北海道の実店舗でほぼ見かけない。たまにピットロード。

 そうだよなあ、冒頭で触れてたXboxだってニッチな選択だよなあ。ゲームハード戦争の時も、PCエンジンやらサターンやらマイナーハードばかり選んでたなあ。

 

 しかし、その苦難を超えたところに歓喜はあるのだ!!

 

 そう、ゴールドフィンガー炸裂のような。

F-toysのTOMCAT MEMORIES 2、ジョリー・ロジャースゲット!!

 既に3個買ってゴーストライダーズ2機(うち1機をラーズグリーズ仕様に作っている最中)・ピューキンドッグズ1機でもう止めようと思っていたが、最近再販されているのを知り、また偶然ボックスを開けたばかりの陳列を見つけ。「とある法則」を試してみたらゴールドフィンガー!!! 一撃で当てたぜヒャッフウ!!! これは素直に作ろう、うん。

 そろそろ秋から冬へ、巣ごもりする北海道の楽しみが増えたとしよう。

 ちなみにタイトルは言わずと知れたさだまさしさんの歌。航空自衛隊機の話中心だったもので。