Think Like Talking.

変わりゆく変わらないもの

BORN THIS WAY

 この曲ってもう何年前になるんだ⁉f:id:rosso13:20190616192235j:plain

・BORN THIS WAY

 と、この時期なら実写版「ザ・ファブル」の話になるんだが全く別でbd-1のサスペンション交換の話。

 

 2週間前、走行状態に展開する際にフロントスプリングのキャッチ部分が割れてしまったのを発見。現行birdyはスプリング自体でステム側(=受け)と結合するんだけど、先代bd-1はスプリングASSYを構成するのにキャッチ部分にプラ製の筒のような部品をつけて格納時のスプリング脱落を防ぐ仕組み。そこが割れた。

f:id:rosso13:20190616192255j:plain

 さてすでに現行型に移行して4年のbirdy、旧式と共用の部品もあれど、細部がいろいろ変わっていたり日本の取扱代理店体制も変わっていたりでなかなか前のように保守部品が手に入るわけでもない。さぁ困った。

 birdyでメーカー認定のスプリングキットを探すと、そこそこ仰々しいのが出てきた。

 

 それが冒頭のU DESIGN(URBANE DESIGN)のサスペンションキット。

 パッと見化粧品とかの瓶に見間違いそうだが金属製。今回はこれに換装する。

 検索しても取り扱いショップが限られているので、最安値を探すような野暮なことはせずにサクッと注文。2日ほどで届く。さぁ取り付けようと思うが、平日はなかなか時間が取れん。結局今日ようやく取り付け開始。久々の悪天候予報が出ている道央圏だが、午前中は晴れ間も見えるほどだったので玄関前で手早く取り付けようとしたらば、問題が2つほど浮上。

 

1.アーレンキーの長さが足りん。

2.リアサス取り付けのためのビス長が足りん。

 ガッデム。

 1.に関しては今まで手持ちのTOPEAKの簡易ツールで十分足りていたのだが、今回の部品ではストロークの半分もいかない。結局近場のサイクルベースあさひで急遽アーレンキー購入。

f:id:rosso13:20190616192425j:plain

 2.に関しては、そのままの取り付けであれば何も問題ないのだが、自分のマシンにはポーターキットを取り付けており、その台座分金属板の厚みが入る。

f:id:rosso13:20190616214855j:plain

 そのため、キット付属のビスでは長さが足りず、固定に不安が残ってしまう。これはいかん。というわけで、さっきのサイクルベースあさひの次はホームセンターでM6x16mmのビスを急遽調達。ようやく準備が整った。気づけば外は豪雨、仕方なく玄関=室内でいじることとする。

 

 ネットで検索したが、このU DESIGNのsusupensionキットの情報が極端に少ないため、参考情報として残すとする。説明書がないためFacebookのU DESIGINのページで動画があるのを基本としているのだが、いかんせんどこに何のビスを、ワッシャーを使うとかは残っていない。一瞬の情報を見逃さず...とか思うのだが、とりあえずつく場所に付ければいいや。付属品はこんなところ。

f:id:rosso13:20190616192306j:plain

 基本的に左はフロント用、右の袋の近辺はリア用と思いねえ。

f:id:rosso13:20190616192437j:plain

 フロントに使う一式。ただしワッシャは必要なかった。透明な緩衝樹脂をフレームと部品の間に挟み、上のビスで固定するだけ。ただし可動する角度を微調整しないとキャッチがうまく受けてくれなくなるので、本締めする前に調整が必要。

f:id:rosso13:20190616192218j:plain

 黒いゴム製のリングは、キャッチ側の樹脂部品に装着。

f:id:rosso13:20190616192451j:plain

 スプリングユニットを固定したら、内部のショックアブソーバーとなるエラストマーを忘れずに。

f:id:rosso13:20190616192227j:plain

 最後に蓋をしてフロントは終わり。

f:id:rosso13:20190616192348j:plain

f:id:rosso13:20190616192323j:plain

 

 続いてリアだけど、付属のビスと純正のビス、そして今回調達したビスの違いはこんなの。

f:id:rosso13:20190616192405j:plain

 右がポーターを付けていた状態のもとのビスセット。真ん中が今回買ってきたM6x16mm。左がキット付属のM6x12mm。4mm程度の違いだけど、ポーター台座の厚みを入れるとキット付属ではちょっと頭が出て終わり。

f:id:rosso13:20190616192417j:plain

 で、これがリア用のユニット。中心部分がずれていると思うだろうが、なにやらこれが正解らしい。bd-1/birdyのモデル・世代によって取り付け部分の穴がまちまちらしく、少し偏りを持たせることで中心を調整しやすくできるらしい。自分のもやったが問題なし。純正エラストマーはビス止めではなくただ差し込み式だが、これは金属台座なのでビス止めできっちり固定。

 というわけで、作業時間は15分から30分もかからんくらいか。雨の影響で実走テストはまた次回。

www.youtube.com

 タイトルに使って何も絡みがないというのも何なので。

パプリカ

 父の日を前に、息子が初めて父の日プレゼントをしてくれた話。

f:id:rosso13:20190615064520j:plain

・パプリカ

 親バカでいいんだ。だって幼稚園の工作でも、父の日に何かを作ってくれて「お父しゃん、どーぞ」と渡されたらそりゃもう。風鈴だそうで、しっかり顔も描いてくれてひげまで再現。春先に絵を描いていた頃と比較して、また上手になってる。最近はあまり絵を描いてやってないんだけど、子供ってのは進歩が速い。

 

 タイトルの「パプリカ」の話。知っている人は知っているだろうけど、なにやら2020年のオリンピック応援でNHKが作ったらしいのだが、幼稚園などではお遊戯にも使っている様子。まぁオリジナル版がFoorinなる小学生ユニットが元気に踊りまわるMVだしね。


<NHK>2020応援ソング「パプリカ」ダンス ミュージックビデオ

 なんでそんな話に、というところで息子が出てくる。

 運動会の練習で年長さん・年中さんが歌っているのを覚えてきたらしい。なんか繰り返し歌っているなーと思って歌詞を聞いてたら、

「♪あおばのもーりでかけまわる」「♪なつがーくーる ○○がーたーつ あーなーたーにあいたい」「♪みつけーたのは いちばんぼし あーあしたもはれるかな」

 というところを繰り返している。これが1日目。最初は何を歌っているのかわからなかったが、次の日は

「♪パプリーカ はながさいーたーら」「♪こーころあそばせあなたにとどけ」

 とサビの部分を歌い始めて「ああ!!! パプリカか!!!」と思い調べたわけ。子供の吸収力早い!!! 早速公式のMVを調べて息子に見せると「これ!!」と。いい歌ですな。米津玄師ですが。

 


<NHK>2020応援ソング「パプリカ」『上白石萌歌』バージョン

 お父しゃんはこっちのバージョンの方が好きですが。こうして子供の成長を感じられるのは幸せ、という父の日の前日端。

新緑の巨人

 夏の気配。

・新緑の巨人

 昨日のエントリで街が動き出す前の札幌を軽く自転車で流した話。

 時期的にはYOSAKOIソーラン祭り。水曜夜からスタートだったと思うが、平日は雷雨だったり曇りだったりといまいちな天候だったが、土曜はそこそこの晴れ。やっぱり祭りはこうでないと。

 しかしてメイン会場となる大通り周辺は交通規制がバリバリ。周辺の一方通行路を含めて複雑怪奇な回り方になってしまった。演武に向かう方々が少し緊張した面持ちで移動していたり、迂回した車がトリッキーな動きをしていたり。そうこうしている内に、路面電車の軌道に沿って移動するルートに入ってしまった。レールの間にはまってしまうことは避けたい!!! ということで、あえなく石山通方面まで迂回して北上、北一条通りを抜けて起点である札幌駅西口まで。

 その途中、北大植物園横の通りを抜けるときの一枚。

f:id:rosso13:20190609073527j:plain

 先週の土曜もとある森の中を満喫する仕事をしていたので、その時から感じてはいたのだが、緑がすごいですな。まさに新緑の巨人。北海道の6月は最近蝦夷梅雨といわれるほど雨が多いけど、さわやかな6月になってほしいもんですはい。

 

  ちなみにタイトルの「新緑の巨人」はこのアルバムの収録曲だったり。

愛をあるだけ、すべて

愛をあるだけ、すべて

 

 

energy flow

 しかしてその心は収録アルバムのタイトルにあり。「ウラBTTB」、Back to the Basic. bd-1基本に返るの話。

f:id:rosso13:20190608223007j:plain

・energy flow

 とはいえ癒しを求めていることも事実。先週日曜はよんどころない事情により丸一日吹っ飛び、そのまま一週間突入。地元のツタヤがあまりに品ぞろえが悪く、札幌駅西口店で検索したら探していたCDがあったため、7泊8日で借りたものを返すという名目で土曜の朝も早よから出陣。

 まぁまぁ9時には駅前につき、24時間営業のためさっさとCD返してさてなんとする。そこで話は昨年までさかのぼる。

 

 唐突だが実は去年くらいから、my bd-1のハンドルバーが長すぎる印象が出始めた。トップの写真に注目だが、ネイキッド状態で580mm。純正が520mmなので60mmも長い計算。それはそれでライドポジションなどの関係で狙って取り付けたのだが、ヘルニアをやってから長時間ライドするともれなく腰痛が来るようになってしまった。

 逆に嫁のbd-1(2011 Standard)に乗ってみると、ハンドルポストの角度もあるけどバーの長さをいじっていなかったので偉いこと楽。そうか、目を三角にしてロードについていこうとするような乗り方をしなければ、こんなに楽なのか。というか、これが本来のbd-1の乗り味・コンセプトなんだろうか。

 そんな折、JALのマイルがたまったのでAmazonギフト券に変換し、いろいろと何に使うかとつらつら見ていたらば。カーボンのハンドルバーって探せば安いのもあるのね。いわゆる中華カーボンですが。ストレートバーなら3000円もしないで買えちゃうじゃん。まぁNGでも今つけてるやつを短くするという手段も使えるし、ギフト券使ってみちゃうかと。

f:id:rosso13:20190608224231j:plain

 2日程度であっという間に到着。上がおそらくもう絶版になっているamoebaのアルミ・カーボンミックスのストレートバー580mm。下が今回注文したPLATTなるメーカーの520mm/Φ25.4mm。重量は前者が145g、後者が実測95g。約50gの軽量化。長さを差し引いてもやはりフルカーボンの軽さ。サクッと取り付けて試運転。実はこれ、札幌の中心街も中心街、高架下のゲームセンターMAXIM向かいの駐輪場で店を広げて取り付けたもの。家だと子供が工具触りそうでちょっと危ないのでね...。

 で、走ってみるとやはりナローになった分、体が若干アップライト気味。おお、振動も吸収されているのか大した楽。こいつはええ。あくまでサラッと取り付けたのでシフターやブレーキレバーの締め付けで調整が必要だが、カーボンパーツ組付け用グリスをこのためだけに買うのもなぁ...まぁなんか考えよう。

 

 朝9時過ぎの札幌中心街を試運転で流した形だが、YOSAKOIの絡みで大通り周辺は交通規制があちこちに。極力車両と同じ動きをするので一方通行もそれに従い...って、路面電車の路線に入ってしまい、そこから離脱するのに偉いこと時間がかかる。そんな土曜の朝。 

  Amazonの貼り付けリンクではΦ31.8mmになってるなぁ。旧bd-1の人はΦ25.4mm、現行のbirdyはΦ31.8mmなのでご注意を。

チャイナアドバイス

 中国製?

f:id:rosso13:20190526073206j:plain

・チャイナアドバイス

 Xpeira 10 plusのケースの話。

 先日のエントリでXperia 10 plusの液晶保護の話を書いたが、最低限のケースを注文したということでそのオチ。Amazonくらいしか注文手段がなく、しかもラインアップされている商品の説明文も怪しい日本語が並んでいたりとほんとに大丈夫かこれ。

 結局この辺りを購入。

 

  説明写真と実物が違うというのはネット通販では覚悟しなければならんけど、もろに中国製っぽい落差を感じたのは今回が初めてだなぁ。発注からプライムお試しで2日程度で届いたのはさすがAmazon。しかして上記3品の内、真ん中のクリアカバーについてはかなりチープな印象のケースだった。もう少し硬度の高い素材をイメージしていたので、えええ? という感じ。まぁ値段を考えると贅沢は言えんのだが。

f:id:rosso13:20190527213951j:plain

 触ったらペナペナフニャフニャ、サンプル画像のようなソリッドでもメッキ加工でも何でもないクリアなビニールケースみたいな。まぁ予備用でいいだろう。本命はカーボン調のもう一個の方だし。そっちもラバー素材だから似たようなもんだが。

 

 さて画面保護用のガラスフィルム。これも千円しないなかなかにチープな一品だが、Amazonのこの手の奴は2枚入りが多い様子。量販店だと一枚2~3千円はするもんだと構えていたのだが、まぁ説明書きにも厚さなどの一部スペックが書かれていないし値段的にもダメージは少ないと判断。

f:id:rosso13:20190527214356j:plain

 今回買った中ではそこそこまともな梱包。分厚さはおそらく0.33mmかな。2枚入りのため、失敗してももう一発ある!! と気楽に臨めるのは利点である。実際貼り付けもふつうのガラスフィルムのため難しいこともなく、大幅に寸法が違うこともなく至って普通。指の滑りも悪くなく、色味も変わった感じはしない。

 そんなAmazon3点買いのお話でしたっと。日本の主要キャリア夏モデル、やっぱりXperia 10/10 plusは出ませんでしたなぁ...欲しい周辺アイテムは絶望的ということで。

磁石の肌

 磁石といえばマグネット、マグネットといえばG-3!!!

・磁石の肌

 MSアンサンブル、1.5。初弾のカラーリング変更ということで、初代ガンダムもリカラーで再リリースされた。初弾はさすがにトップバッターということで初代ガンダム・ザク・ユニコーン(デストロイモード)とキャッチーなラインナップに武器セットで重装可能、支援機枠でGファイターと一通りのものがそろっているわけで。

 リカラーで初代ガンダムはG-3に、ザクはマーキングプラス、ユニコーンは覚醒カラー、GファイターもG-3カラーに。G-3は地味に好きなんだけど、結構不遇の機体という印象がなぁ...。

f:id:rosso13:20190526063448j:plain

 この斜め後ろに組み立て前のユニコーンとザクと武器セット。つまりはコンプ!!!

 いやー、やっぱりロービジカラーのG-3はいいねえ。子供の頃はこの良さがわからんかった。Gファイターももともと玩具メーカーやら当時のロボットアニメ事情に沿ったテコ入れやらの産物ではあるけども、この色にしてやれば一通りの説得力が...まぁまぁ。ビックリドッキリメカですし。

 しかしこのシリーズ、原価ギリギリであまり利益が出てないかもしれないが、発売して結構早い段階で売り切れてしまうあたり、愛好家が増えてきているのかもしれん。ガシャプラ系(ボトムズやらダンバインやら)もあっという間に完売してたし、いい仕事してんなぁ。

 次弾で10弾、SEED系も出るらしいけどやっぱりシンプル系の機体がパッケージングしやすいだろうなぁ。アストレイとか希望だねぇ。武器セットでガーベラストレートとかタクティカルアームズとか。リカラーでブルーフレームとか。EX弾でゴールドフレームとか。NT-1対ザクFZとか。エクシア対GN-Xとか。ZのフォーマットでZプラスとか武器セットでA1/C1変更とかSガンとか。下手なプラモ買うより場所取らんし意外とコスト安かったり。あかーん!!!

ヤットデタマンの歌

 まぁ10日以上前の話ですが。

f:id:rosso13:20190525074645j:plain

ヤットデタマンの歌

 腎臓結石、出ました。日帰り出張からの帰り便に乗る直前、機内でトイレに行くのもなんだなと思いゲート前で用を足していると「カラン」という音とともに真っ黒な物体。尿道に詰まっていた石でした。うわ!!! 事前に「真っ赤な尿が出る」だの「尿道を通る時にもう一回激痛がある」だの言われていたので思い切り構えていたのだが、ほぼ痛みなしで出てくれたのは幸い。

 約4mm弱、出た直後はどす黒い赤という感じだったけど、持ち帰って乾燥したら灰色というか白っぽい。来週の分析に回すために容器に入れたけど、これが一週間激痛を起こさせていた原因か!!!

 というわけで、土曜朝から妙なエントリですが結果発表。