Think Like Talking.

変わりゆく変わらないもの

ガラスの十代

 磨りガラスの四十代。液晶保護の話。

ガラスの十代

 Xperia10 plusを使用し始めて1ヶ月半。日本未発売だから仕方ないのだが、当然そこらの量販店に行ってもケースや保護ガラスフィルムは存在しない。Amazonなどで調べてみるも、どうも日本語も怪しい出品者からの激安商品が並ぶ。や、AlumaniaとかDeffみたいなバンパータイプのゴツいのもいいけど、そもそも日本企業で開発していたら国内販売していなくて採算も取れない機種用なんて作るわけがない。

 

 結局むき身で過ごしていたら連休の前半、液晶画面に薄っすらと違和感。

 あ、もしかして傷か? いや、これヒビになる前のなんかか? ともかく液晶画面だけでもなんとかせねば。

 

 というわけで、ドン。

f:id:rosso13:20190518064545j:plain

 どうせ初めてのSIMフリー機、初めてのことを重ねてみよう。液体コーティング。なにやらガラス強化液なるものが最近出始めているようで、札幌のヨドバシでは完売、お隣のビックカメラで購入。ホコリを取って液晶面をきれいにして指で(!!)塗り伸ばし待つこと1時間で皮膜が完成するそうな。

 お手軽なのでとりあえず施工。1時間経過。拭き取り。うーん、違いが全くわからねぇ。でもまぁ、指滑りは心なしかなめらかになったかもしれん。塗り伸ばしているとき、すでに被膜化が始まるのかガラスのような物体がシワのように引っかかりはじめるというか。わかります? 例えるなら湯葉みたいな感じ。手早く塗り伸ばしてやらんと硬化が早いのかも。

 

 なんて若干半信半疑で持ち歩くこと2週間。液晶の傷らしきものは広がることもなく、一応保護はされてんのかなぁと。そんな昨日の週末金曜日。

 

 スーツの外ポケットに入れてちょっと急ぎの仕事でダッシュをかけた瞬間。

 

 するりと落下。コンクリート路面に液晶側から派手に。むき身なので当然ボディの素材は傷だらけ。液晶はというと。

 

 うん、まぁ大部分は傷もついてない。角の部分はさすがに一部キズと削れができてしまったが、もともとのゴリラガラスも相まってきちんと保護されていたという感じ。

 ともあれ心臓に悪いことは確か。仕方なく帰ってからAmazonで最低限のケースと追加の保護フィルムを注文しましたとさ。