Think Like Talking.

変わりゆく変わらないもの

小さなおとなたち

 増税前最後の日曜ということで一つ。

 

 なにやらそこかしこで買いだめだの増税前に云々という話が出ている。朝からZIP!だのでも特集が組まれていたり、今もニュースでやってるが、こういう「値上げ前の買いだめ」ってどうなんすか。

 

 今回の消費増税、8→10%で2%の増税

 

 さあ節約だ!!! 買いだめだ!!! 日用品のトイレットペーパーやティッシュペーパーを買いだめないと!!! 損しちゃう!!! 少しでも損するのは嫌なんだ!!! ほかの人が得するのは絶対許せない!!! だから買いだめしなきゃ!!! 300円のトイレットペーパーが税込み324円のところ330円になっちゃう!!! 往復2時間かかるドン〇ホーテで並ばなきゃ!!!

 

 という心理状態なのだろうか。よくあるガソリン値上げの時もそうだけど、数円~数十円を節約するために数百円~数千円のコストをかけていることにみんな気づかんのかなぁと。さっきのトイレットペーパーの例で言ったら6円節約するために2時間以上の時間的コストがかかる。バイト代なら自給900円で2時間なら1800円、プラス交通費か。自動車あたりならまだ数万円単位の差額になるからオプション分程度になるからわからんでもない。

 

 一円を笑う気はないんだけど、その節約で一体どれくらい浮くの? と毎回疑問に思うのだよ。だって今回の増税で行けば、1万円で200円だぞ。モンスターエナジー1本分。あー疲れた、つってなんか飲んだらあっという間に吹っ飛んでしまう額。その労力を他に回した方がよっぽど生産的じゃねぇかなぁ。経験上、普段そうしてせせこましく節約している奴って、意外と他のところで無頓着で「なんでそんなことにムダ金使ってるの⁉」というのもいるわけで。

 

 そんなことを考えながらの日曜の黄昏時。