Think Like Talking.

変わりゆく変わらないもの

ギミーシェルター

 爆弾。

ギミーシェルター

 数年前から兆候があったものの、まさかと思い気にしていなかったのだが。水曜夜中に走る激痛。背中の左脇から下腹部にかけての疼痛・激痛。これはやばい。

 

 夜中1時から明け方4時近くまで、居間で一人呻く。翌日仕事の嫁や幼稚園の息子を起こすわけにもいかんので、一人深夜の激闘。空が白み始めた頃に意識が飛んだのか痛みが緩んだのか、ともかくも6時頃まで記憶を失う。

 

 なんとか動けるようになり、病院へ。救急行けば、と家族に言われたが、自分の住む街の病院はどうも信用ならず、まして救急で簡易的な措置で下手なことをされたらと思うと耐える方に意識を振り向けた。札幌で母親が40年来お世話になっている泌尿器科へ。

 レントゲンと採尿で、腎臓結石と判明。尿管に移動しつつあり、爆弾抱えての生活になる。衝撃波破砕するだけの大きさでもなく、自然排石することに。

 

 金曜の出社で上司に説明、風通しのいい会社のため役員からはては支店長まで声をかけてくる始末。すんません、こんな一兵卒の石ころ一つで大騒ぎ。

 そして土曜。明け方から痛み再発。多分尿管を移動してるんだろうな、とスマホで痛みのメカニズムや対処法を調べながら、比較的痛みの少ない体勢を取りながらひたすら呻く。五体投地のような状態で。明け方からの激闘のため、時折眠気なのか意識すっ飛びなのかわからないが瞬間的に記憶が飛ぶ。痛みがようやく治まったのが夕方4時頃。

 

 膀胱に落ちたのか判別がつかず、たまに腎臓付近が痛くなるのでまだ尿管に居るんだろうなあと想像しながら、ひたすらに水分を取る。早く排石されんだろか。