Think Like Talking.

変わりゆく変わらないもの

End of Summer

 もう夏の終わりですな北海道。

・End of Summer


Capsule - End of Summer - YouTube

 勤務調整の力技をくらった格好で休み・早番・休みという変則的な土日月。日曜の早番ということで、終了後にとある場所に行こうと思い立ったのです。

f:id:rosso13:20150831114811j:plain

 ここ。札幌はパルコにて28日から行われている「ガンプラエキスポ2015 in SAPPORO」。

 自分の知る限り2010年秋に開催されて以来5年ぶりの札幌開催...だと思う。去年一昨年と秋葉原UDXで開催されていたエキスポには行っていたものの、地方開催は区切りの歳にしかやらんのだろうなあ。

 

 とは言え仕事のアレコレで会場に着いたのはなんと17時半。時間は20時までだから何ら問題ないんだけれども。日曜の札幌大通、しかもパルコという土地柄、仕事あがりのガノタがウロウロしているのは珍妙極まりない。会場の案内スタッフさんも多分元々はパルコのイベント担当さんなんだろうなぁ...なんて邪推をしつつ会場へゴー。

 

 ハイ、とりあえず内部の写真は一切なし(笑)!!!

 

 理由は、秋葉原に比べたら規模的に小さすぎること、新作以外はほとんど既視のものなのでコレはこれでいいかと。

 今回はRe-100のナイチンゲール完成品の展示に出迎えられ、ビルドファイターズ系の新作や「鉄血のオルフェンズ」関連のプロト、「Gレコ」のラインナップ完結に近いところのやつとかか。他には「REVIVE」ラインのHGリニューアル版の告知。HGCEのフリーダムが既に発売になり今月のホビージャパン誌付録と連動企画で改造パーツ云々とか。HGリニュのキュベレイと、Mk-IIがティターンズカラー同時発売とか。

 

 35周年の目玉アイテムとしてはちと弱いかなぁ...という感じでここまで。

 他にも有名人プロデュースのガンプラ改造作例が展示されていたりと、初見の人にとっては珍しい感じ。

 

 ...んんん?

 

 アレ、もう出口!?

 

 結果的に15分程度で出てきてしまった。

 入り口で恒例のクリアファイルをもらい、次は物販コーナーへ。展示は7階だけど物販は5階という、恐らくフロア常設の店とイベントスペースの兼ね合いだと思うけどちと面倒。

f:id:rosso13:20150831130308j:plain

 今回のイベント限定ガンプラ。クリア系やメタリック系など、製造過程でなければ再現できないメーカーならではの製品。まぁベアッガイネオンカラーやZプラスのテスト機カラーはなんとかなりそうだけど、素組派にはありがたい。

 

 個人的に注目はF91の残像イメージクリアカラーVerと、SDνガンダムメタリックコーティング。F91は1300円弱とバーゲンプライス!! しかしSDはなんと2倍の値段=2500円近く。すげえ!!!

 

 時間も時間だったからかそれとも会場が会場だったからか、秋葉原の時のような行列も両手いっぱいの巨大紙袋に大人買いのプロガノタの方々もおらず、さほど待たずに記念購入出来ましたっと。このイメージがあったから秋葉原での行列をなめてかかったんだよな...。

f:id:rosso13:20150831134128j:plain

 ちなみにコチラはエコプラ各種。ガンプラの製造過程で出るプラを再利用して黒一色に成型、静岡のバンダイ本社やこうしたイベントで販売している名物。と言っても今回は売ってる気配なかったんだけどなあ。見つけられんかっただけだべか。

 

 そんなこんなでパルコから撤収。滞在時間は30分弱という強行偵察。何しに行ったんだ? と問われれば「気分転換」と。それでいいじゃない(笑)。

 それにしても、結婚してから、そして子供が出来てからと段階的に「町中のひとり歩き」が下手くそになっている気がする。なんというか、何か食べに店に入ろうとしても「嫁と来たいなあ、食わせてやりたいなあ」と思うのは前からだけど、これに「子供連れて来たらどんな反応するかなぁ」とか「こういうところの歩き方も教えてやりたいなぁ」とか思うようになった。人間というのは変わるもんですな。

 

 という感じで、8月の終わり・北海道マラソンのあった日は静かに終わっていく。