Think Like Talking.

変わりゆく変わらないもの

おまけの一日

 ルチャ・ドールになるために。

・おまけの一日

 や、別にルチャ・ドールにはなりませんが。今日はおまけの一日こと2月29日。せっかくなので4年に一度の日にブログなど。

 

 今日は全道超大荒れの一日。

 去年の11月に3ヶ月分出してもらっていた皮膚科の薬がそろそろ無くなりそうだったので、遅番明けの頭を叩き起こしてとある総合病院へ。嫁も出かけたいとのことで、それなら行くかと子供も乗せて3人で大荒れの札幌へ向かう。

 

 途中上り坂で立ち往生しているトレーラーやらプラス気温で池のように雪解け水が滞留している道路など、なかなか車が進まない。2時間かけて病院につき、診察時間は約10分。まぁ症状が変わらないのとほぼアレルギー系のかゆみ止めをもらう程度なのでそんなもんなのだが。ともかくも用事は終了。

 

 病院に居るともらわんでもいい風邪やらインフルやらが子供に伝染りそうだったので、事前に近くの商業施設で嫁と子供を待たせておき、程なく合流。とは言えその後すぐ帰るのも芸がない。ならばということで、ノロノロ運転の札幌市街地を宛てもなくドライブすることにする。

 

 うちら夫婦は俺39歳、嫁30歳。歳の差は結構あるのだが、色々と話をする。馬鹿話もすれば、出口の無い喧嘩をすることもある。ただその分、クールダウンも入れつつトコトンまで本音を話して、解決策を見つけようとする。俺が嫁の年に合わせることもあれば、嫁が背伸びして俺の方に歩み寄ろうとすることもある。なので中間地点くらいで納得できることや、お互いに見えなかったものがふとした時に見える=解決できることも沢山ある。

 生活のこと、子育てのこと、仕事のこと、趣味のこと。でもどこかでその着地点が、いろんな人に助けてもらっていることや、感謝していることに帰結することが多くなってきた。変な宗教でも何でも無く。

 

 N-BOXの後部座席でチャイルドシートに寝かせた子供の面倒を見る嫁。それをルームミラーで見ながら、とりとめない話をする俺。外の景色が流れていくのが楽しいのか、ぐずる素振りも見せない息子。雪は止んだとはいえ、道路は大荒れ。奇妙な家族のドライブ。でもそれが幸せ。

 

 札幌の中央区は余りに車が多いため、太平のホワイトラインバイシクルさんに顔を出すことに。嫁も「子供見せに行きたいよね」と乗り気。

 大雪の時は風向きの関係でとんでもないことになる札幌北区なれど、今日は除雪が早期に入ったのかWLBさんの周辺はそこそこ綺麗な道路状況、駐車場。子供を抱っこして店に入ると、林店長とスタッフの入江さんがいつもの笑顔で迎えてくれた。今日は週末に行われたイベントの絡みで奥様が不在だったため、林店長が「嫁にも見せたいんでお子さんと一緒の写真撮ってもいいですか?」と仰ってくれた。家族3人で写真に収まるのは実は余り無いので、内心嬉しかったりする。嫁も久々の訪問だったので、林店長が「なんか快活なイメージになりました?」とのこと。そういえば妊娠時期から合わせると1年位嫁は店に来てなかったのと、生活がガラリと変わったのでそれもあったのかもしれん。

 

 ひとしきり雑談して、とりあえず報告と挨拶ということで店を後にした。

 帰りはまたゆっくりと。帰宅したのは19時過ぎ。同居している家族=両親とうちら夫婦、息子の皆で晩飯を食い、息子を風呂に入れて寝かしつけ。親は今日の除雪で疲れたのか早々に撃沈。

 その後、すやすや眠る息子の横で、夫婦でまた話の続き。止めどなく今日の楽しかったことや、最近の事、尽きない話。

 

 贅沢なものや充実した何かではなく、ただ自然に皆が笑ってそこにいること。

 

 その何でもない幸せが嬉しいと、嫁が泣いた。

 

 うるう年の2月29日、おまけの一日。

 

 天気は荒天なれど、とても楽しいおまけの一日。