読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Think Like Talking.

変わりゆく変わらないもの

Vento

bd-1 夫婦善哉 雑談 毒?

 モエレ沼公園再び。

 

f:id:rosso13:20141013221305j:plain

・Vento

 GWに参加してきた南風自転車店さん主催の折りたたみ自転車大集合企画「歩く自転車人の集い」。年中行事にすることを目標に、雪が降る前・気温もちょうどいい秋の一日に第二回が企画され、昨日12日に参加してきた。

 企画自体はものすごくゆるく、参加は当日飛び入り可能、レースをするわけでもなく長距離を走るわけでもなく、幌平橋下に集合して豊平CRを北上しモエレ沼公園までの15キロ程度を穏やかにトレイン組んで走るというほのぼの企画。なので、初心者も参加しやすく情報交換の場という表現が近いか。

 

 春の第一回に参加した後、嫁が「次回は私も参加したいなぁ」とのたまい。一昨日の晩に「明日何時に起きたらいい?」と言い出した。実は俺の親父の定年退職記念で旅行に行く(現地集合でみんなで温泉でゆっくりするというこれまたゆるい企画)予定で、その時間かと思ったら「イベント出る」と。

 

 とりあえず集合9時半、それに間に合わせるのには7時起きで8時には出なければ。いくら連休中日の日曜朝とはいえ、幌平橋周辺には大きな駐車場は無く、Timesみたいなスペースに車をおいてそこからbd-1を展開・移動というプロセスが必要。余裕を持って行動しないと。

 

 で、朝。

 嫁起きたの7時半

 

 起きてこねぇなぁと思っていたら30分押し、そこからいつもどおり準備を始め、終わったのが8時過ぎ。いやま俺も朝から若干腹を下し気味で結果的に二人共アウトな時間ではあったんだけどさ。

 結局野暮用を一つ済ませなければならず、高速使って伏古インターで降り、中島公園に着いたのが9時50分。まぁ集合してから30分位は集合場所で雑談してるだろうし、最悪トレインに追いつけばいいやと切り替えていざ豊平CRへ。

 

 なんとか集合時間に間に合うと、すでにブリーフィングは終了していざ走りださんという瞬間でした(笑)。

 すると、思いがけぬお声がけが。

 

富良野に参加されていた方ですよね?

 

 おお!?

富良野にファットで参加してたものです。

 おおおお!!!! なんとグレートアース富良野の日記でコメントを頂いていた「128 たか」さんではないですか!!!! なにやら用事があるとかで最初のスタートのみ参加して離脱されるとのこと。この日もファットで、おそらく奥様と思われる方とおそろでいらしてました。いやあ、穏やかな俳優さんのようなナイスガイでした。お声がけ頂いてありがとうございました(見てないと思うけど)!!!

 

 閑話Q題。

 春はbd-1は俺と後お一方の2台しかいなかったのが、今回は一大勢力に!! 嫁含めて6台ほどのbd-1。うち一台は年季の入ったビアンキブランドのストレートフレーム。しかも旅仕様。自転車で物を運ぶ・旅をするというコンセプトの自転車を提案の一つとする南風自転車店の理想の一つを体現したかのような。ハンドサインの出し方も絵になるナイスミドルがお乗りでした。

 更に閑話9題。

 スタートはbd軍団が引くということで、何故か俺と嫁が先頭を走り始めた。その直後、嫁が後ろのペースを考えず逃げを打ち始める。ぐんぐん先に行ってしまい、しかしてトレインは最後尾のキャリーミーを慮り16キロ程度の速度で進む。あいつ気付いてないのか? このままだと単に空気の読めない人になってしまうため、早々に逃げを抑えるために追撃に移る。

 

 一気に40キロ程度まで加速し、嫁に追いつき制止。なんでも「え、自分のペース遅いから足引っ張っちゃ悪いし、各自モエレ沼で合流じゃないの?」と。勘違いかよ!!! みんなでのんびりゆっくり雑談しながら一緒に行くのがこの企画だよと諭し、トレインが追いつくのを待つ。ちと気恥ずかしい空気でトレインの中程に合流。

 

 その後は雲ひとつない秋晴れの下、1時間ほどでモエレ沼公園・ガラスのピラミッド前に到着。その時嫁に写してもらったのが冒頭の写真。今回は嫁のエスコートで写真なし。

 

 ほぼ全員の集合を確認してから、モエレビーチに移動して恒例のピクニックタイム。

 思い思いの場所に陣取り交流というタイム。ブロンプトンに後付キャリアカートと言うのか?TRAVOY(こんなん)なるアイテムを付けた方、キャリーミーという8インチの極小径車両で参加された方が2~3名(主催者の有森店長はキャリーミーにTRAVOY装着でこの後「貨物自転車の集い」というイベントダブルヘッダーというハードスケジュール)。他にもダホン軍団(ViscやVirge、Boardwalkで参加されたお嬢さんもいたなあ)、今回数が少なかったブロンプトン軍団(こちらは秀岳荘白石店さんが同日に滝野公園で別イベントを行っておりそちらに流れた模様)、量販店で売ってるアルファロメオブランドネームを冠した自転車(こんなん)をどこまで走るようになるか挑戦していた方、極めつけはORi Bikeのレーサーライン・Surpaz AR18(こんなん)が参加されておりましたな。モエレビーチの周りの通路で即席試乗会が始まったり、同型機のモディファイ談義になったり。

 嫁も嫁で女性陣と話したり自分から誰か彼かに話しかけたりして、満喫出来た様子。良かった良かった。

 

 お店のカラーなのか微妙にマニアックな方や資金力のある方(AR18の方は余程嬉しかったんだろうなぁ)が多かった様子。思うところはあれど、それぞれが自分の楽しみ方で自転車を愛でているならそれでいいか。

 

 12時過ぎに現地解散。

 モエレ沼は、坂本真綾の「かぜよみ」のジャケットでロケ地として使われた場所

かぜよみ

かぜよみ

 

  同じ場所を探して写真を撮ろうとしたのだが。

 

 できませんでした。

 嫁を連れていたのでアングルを探してぐるぐる公園内を連れ回すのも何だし、次の予定が迫っていたのですみやかに車を置いてある中島公園まで戻らなければならなかったため時間切れ。次回リベンジを!!! やるぞ俺!!!

 

 という秋の一日。10月12日・後編は次回。