読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Think Like Talking.

変わりゆく変わらないもの

群れ

 もう2月か。

・群れ

[MV] 群れ / CHAGE and ASKA

 

 仕事の都合もあろうが、どうも最近夢見が悪い。あまりガッチリと詰まっているわけではないと思いたいのだが。

 会社、というか部門の行く末が少し変な方向に行こうとしているのを、中枢に近いところで見ざるを得ないのもあるからだろうか。

 

 土曜の半日仕事を予定外の延長戦で終えて、一人札幌へ向かう。特に当ては決めず、

中心街の渋滞を避けたくて新札幌に車を置きJRで札幌駅へ。帰りは大通りから東西線か。

 

 快速に乗ると眼鏡が曇るような湿度。チャイニーズと思われる客が向かい合わせの4人がけを二人で場所を取っているような。一駅だから座らんでも良いか、と立ったまま平和、白石、苗穂。雪に包まれた札幌駅までの景色。子供の頃、色々と病気持ってて母親と一緒に通った車窓は少しだけ変わったけど、冬特有の効きすぎる暖房の温かさだけは変わってない気がする。

 札幌駅で切符を確認すると、どうやら落としたらしい。新札幌の駐車券の時間を見せてそこで乗ったことを証明し、2重払いで再発行。駅員さん、そんなに謝らんでもいいよ、落としたのはこっちが悪いんだし。

 

 ヨドバシ、紀伊国屋とサラサラ流れる。余り遅くなると皆晩飯遅くなるから、残り時間を計算しながらの早足。

 

 久々にヴィオラを弾くことになりそうなので、弦を買いに行こう。

 

 センチュリーロイヤルホテルの脇から地下街へ。

 ああ、この道はまだ札幌駅が高架になる前、厚生病院が移転する前に一人で通った道だ。小学6年頃か。

 タイトルのC&Aの「群れ」を聴きながら静かに歩いて行く。

 

 寂しいことはもっと他にある いつもいつも思うこと

 自分の中の自分に よく負けてしまう

 

 欲望やなんかじゃない、なんだろう。この最近ずっと負けそうになる気持ち。

 

 自分と嫁の楽器を買って、以前からお世話になっているシャコンヌ札幌店さんに5年ぶり位に顔を出す。職人兼店員さんのM上さんが、時間が止まったかのように変わらず迎えてくれた。しばらく楽器も調整していないし、行きづらかったこともあるけど、多分そういうことじゃないんだろう。

 

 自分はなにも極めることが無い。

 

 楽しいことは沢山ある。でもそこから先に行くべきか、いつも迷う。

 楽器もそう、自転車もそう。きっと極めようとすると、もっともっと追い込まないとならないはずなんだ。自分には多分、そういう覚悟もそうする意欲も意義も見いだせない。趣味や楽しみの域から出ない。何だけど、どこかこの世界は「その先へ」「もっと高みへ」と求められている気がして。

 

 ものぐさなのは自覚してる。でも「楽しい」じゃ駄目なのかよ。

 

 苦しんで、努力して、いろんなものを捧げて費やして、たしかにその先の世界はもっと広がるんだろうし更に楽しいのかもしれない。でも、捧げられた、切り捨てたものは?

f:id:rosso13:20170205003321j:plain

 

 大通りは来週からの雪まつりに向けて準備が大詰めだった。

 昔、まだ外国人観光客なんてまばらだった頃、小学生の頃の自分は従兄弟家族につれてきてもらった記憶がある。80年代も最初の頃か。大人になって、見に行こうかと思う反面人混みに辟易する自分も居て、もう10年以上見に来てない。

 

 今日も土曜日で沢山の「群れ」の中、自分もその「群れ」の一人になりきる。

 

 こんな他愛もない話を、崩れそうな気持ちも、笑い飛ばせる友人すらいないことに気がついた。

 一人の世界、身軽だと思う選択肢の先にある、雑音の中の静寂。

 

 それでも進んでいく。

 

 もう引き返せない。

 

 

Misirlou

 新年一発目!!! しかももう28日と来たもんだ!!!

f:id:rosso13:20170128233927j:plain

・Misirlou

 言わずと知れた映画「TAXI」のテーマで有名な曲。最近これがサーフミュージックとして最初にカバーされたのが60年代と聞いて驚き。


Dick Dale & The Del Tones "Misirlou" 1963

 

 さて新年。

 去年の異動で日勤の部署となったため、数年ぶりに年末年始の5連休。

 しかしてほとんどあっちへ行きこっちへ来の慌ただしい毎日。まぁ年末の「ガキ使」を初め様々なバラエティ系の特番が面白かったのでよしとする。

 正月休みが明けると息子がいきなり39度オーバーの発熱、それに呼応するかのように家族の大人が軒並みダウン。そんな中、奇跡的に俺だけノーマルオペレーション。すげえ!!! ちなみに息子は2日ほどであっという間に回復し大人だけが残されておりました。特に60を越えているうちの同居両親がしばらくやられておりました。

 

 マイナス10度オーバーの酷寒時期がしばらく続き、こりゃ腰椎ヘルニアにも堪えるかなぁ...と思っていたら、意外にもそれほどひどくない。定期的な診察でも大分足が上がるようになり、短距離ならばダッシュも可能。ひとまず来月もう一度MRIを撮り、ヘルニアのはみ出し量が少なくなっているようならしばらく通院は必要ないだろうという判断。来週の検査、上手く行けー。

 

 年末に1歳半の息子が歩き出し、現在はほとんど歩きでペタペタとトミカ両手に徘徊。子供の成長は凄いなぁ、と思っていたら、「まんま」とか「いやいや」とか「かか(母さん?)」とか「ばば(これはそのままバァバ)」とか大分意志を持って喋るように。

 ただね、どうやって覚えたのかバンダイナムコのマークを指差して「ば!!!ば!!!」と言ってみたり。極めつけは、模型雑誌などでガンプラがでていると「が!!!が!!!」と。先週衝撃の「ガダム」「ガダマ」発言...え、もしかしてマジでガンダムわかりつつあるのか? 恐ろしい子...。

 

 そんなこんなの17年1月。春はまだ遠いけど、今年は自転車乗りたい!!! 楽器も弾きたい!!! プラモ作りたい!!! 多分プラモはまた積みプラになるんだろうけどな。

 そんな中、とりあえずメカコレのVF-31シリーズはチャック機まで出来た。後はメッサー機を形にして、全部一斉にキャノピーやフォールドクォーツ部にミラーシール貼って仕上げれば編隊飛行ディスプレイが可能に!!! いつになるんだか。

 

 今年はもう少しブログ書く頻度上げていきたいもんですハイ。

Human System

 今年も後1時間を切りましたな。

 

・Human System

 いろんな総括はあれど、この2日でタイムカプセルを強制的に開くようないろんな思いが。年末にこうした機会が来るということも一つの巡り合わせなのかと。

 年の瀬に結果的に中学の同窓会になった飲み会に出たり、またその出発直前に母校の書道部がとんでもない進化を遂げていたのをとある番組で目の当たりにしたり。
 
 自分が居た頃の書道部は、絵に描いたような文化系の内気な連中ばかりで。ひたすら書き続けてコンクールを目標にしていたのは変わらないけど。さすがに音楽聴きながら自由に、とは行かなかったなぁ(笑)。そして今の書道部って、女子率高すぎ!!! 俺の現役時代はあんなにいなかったよ!!!
 
 でも、切り取りきれない程の紆余曲折があって、その時なりの悩みで押しつぶされそうになって。友達といられる時間がいつか終わると知らずに。
 
 あの、10代の頃の熱量はどこから来ていたんだろう。
 力の限り走って、声の限り笑って、もどかしさに少しだけ泣いて、ずっと先の未来なんてそっちのけで今を全力で生きて。
 
 ああ、これが年を取るってことなんだ。
 
 中学の連中と、10年ぶりの同窓会になった。
 やっぱり変わってない奴と、変わりすぎて全然わからない奴も居たけど、いまだから笑って話すことが出来る様になった。それはきっと、10代の頃には出来ないことで、大人の特権なんだろう。
 
 あの頃の自分達には、自分が40になって、多分そこに居なかった人と結婚して、子供が出来て、少しだけ幸せな、仕事で大変な生活になるなんて想像はきっとできなかった。目の前の受験を乗り越えさえすれば、大人になれるんだろうと漠然と考えていたように思う。
 
 あの頃の自分達には、自分が40になって、その時一緒に笑っていた友達の中に何人か二度と会えない事になるなど、想像もしていなかっただろう。
 
 もうそんな時代なんだ。
 
 枯れるには早いよ。
 意気がるにはちょっと遅すぎた。
 
 悲しむのではなく、その当時のコミュニティにすがるのではなく、今を生きる。
 
 皆がLINEをやってるらしく、ちょっとそこから距離をおいた。メールじゃ駄目なんかな。そんなにつながっていたいのかな。
 
 俺はドライなのかな。40年生きてきても、人と過度につながるのがどこか苦手なのは、何か欠落しているのだろうかな。
 
 ハイボールジントニックジントニック、モスコミュール、ウィスキーロック、ロック、ロック、ロック、ロック...
 
 そんなことをつらつら考えながら酒が進む。
 2次会で瞬間的にリミッターが外れて、そこから泣きが入る。幼稚園から高校まで同じ学校だった友達の前で、見せたことのない悪い酔い方。今日の自己嫌悪の原因。
 
 

 午前3時半に3次会お開き。次に皆に会うのはいつになるのかわからない。10年後かもしれないし。

 そう考えると、約束もなしに毎日顔を合わせている日々というのは、ずっと続く錯覚があるけれども決してそうではない。いつか必ず終りが来るんだ。

 

 でも間違いなく言えるのは、やっぱりそうした友達の中に俺は確かにいたんだろうし、不器用なりにそいつらの事を思っていただろうし、目の前の勉強や部活や生活の全てを真正面に受けてその時出来る全力を使っていただろう。

 

 きっと、今も芯の部分は変わっていないんだ。

 先のことを少しだけ考えるようにはなったけど、自分の目に写る人たちに笑っていて欲しい、幸せで居て欲しい事は変わっていないんだ。その人達が、当時の友達とは別の、自分の家族だったり職場の人だったりに変わっただけで、少しだけ数が増えただけ。

 

 不安やマイナスは振り払って、前を向け。

 純粋さは少しだけ薄れたかもしれないけど、それでも前を向け。

 

 退けば老いるぞ、臆せば死ぬぞ。

 若さだけじゃない、かさぶたになって剥がれ落ちない傷を年相応に持ちながら、それでも生きていくんだ。

 

 40歳の大晦日が暮れていく。

 皆年越しそばを食べたら、眠い眠いと先に寝てしまった。ので、一人でこういう日記を書いている。寝室から聞こえる家族のイビキや寝息。寝ていても騒がしい我が家。それを守っていくこと・失いたくないこと・大事だということが、自分の中でこんなにも大きくなっていたのだ。

 

 それが、酒の席で泣きが入った正体。

 

 来年も、少しでもこの幸せな時間が守れますように。

 

 良いお年を。

Inner Universe

 6勤終了の夜。久々にX1(初代)を引っ張り出してきてのブログ更新。

 

・Inner Universe

 ここしばらくなかなかPCを開く暇もなく。色々書きたいネタはあれど、何から書いたもんかと思案している間に旬を逃してしまうと。

 

 というわけで、ここしばらくのネタをツラツラと。

 

1.ドラマの話。

 最近は「逃げるは恥だが役に立つ」が人気らしい...え、Google日本語変換で「逃げる」と打ったらもう出るほどに浸透してるの!?

 内容はまあ、去年の「デート~恋とはどんなものかしら」と似たようなものらしいが、何と言っても新垣結衣の可愛さにやられてるとか。うん、それは同意する。

 

 持論として、「エンターテイメントは自分の限られた時間を割くのだから、見ている間も見終わった後も楽しい方が良い」というのがブレないので、久々にそうしたドラマなんだろうなあ、と思ってみたり。

 そうこうしていると、さっき偶然見た唐沢寿明主演の「ラストコップ」なる土曜ドラマが、ねえ。どうして土曜ドラマってこういう、いい意味でチープだったり開き直ったコメディタッチなんだ(笑)。「こんなのありえねーよ!!」とか、心が狭い上に時間が有り余っていてクレーム入れることを趣味にしている奴からもスルーされるレベルの開き直り感。そうそう、昭和のドラマとかもこんなだった!!! でももう来週最終回かよ!!!

 

2.映画の話。

 「君の名は。」が社会現象になる程ヒットしているそうな。既にアラフォーどころかフォーになってしまったので、恐らく駄々泣き確定する作品を劇場に見に行くのはちとはばかられる。そう、最近は駄目なんですわ。深夜に再放送していた「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」の第一話を遅番明けに偶然見て、EDの「Secret Base」を聞いた瞬間に風呂の中で(当時住んでたアパートには風呂場に小さな液晶テレビが付いてたのだ)駄々泣きしてしまったくらいにして。もっと言えば、その勢いでDVD全巻借りてきて、最終話のラスト15分ずっと泣き続けてたくらいにして。更に更に言えば、その後手に入れた動画を「絶対泣く」という理由から滅多に見られなくなっているとか。

 

 でも、いい映画っぽいですな。(多分)人が理不尽に死なず、グロい表現でもなく、ただ青春時代の切なさを思い出すよな。やっぱそうあるべきですよ。

 

3.ゲームの話。

 マクロスデルタスクランブル、最初の分はオールSS評価で終了。機体とパイロットの育成作業になるんだろうなぁと思っていたら、11/30に予告通りのアップデートと有料DLCの配信開始。1000円程度なら追加してやろうと思うなかなかいい内容のコンテンツだったので、サクッと決済。で、まずはプレイしてみたが。

 

 激ムズ。

 

 や、ある程度そこまでのステージをプレイしてて簡単になってきたかな、と思っていた矢先に「ゲームバランスの調整」と称したアップデートも配信されてたから気になったんだ。いやあ、難しい。

 本編のストーリーモードのケイオスサイドはさっきクリアしたけど、ラスボス扱いの「インモラル眼鏡」(嫁曰く)=ロイドの白ドラケンが馬鹿みたいに強い。距離を取ってマキナの歌スキル=兵装弾数無制限弾幕ヒャッハー状態でようやく倒したくらいにして。その後エキストラミッションのイサム&ガルドとの対決ステージをやったらやっぱり難しい。おおおおおい!!!! こりゃしばらく遊べそうだわ。

 

4.プラモデルの話。

 メカコレのマクロス関連を作り続けている...のだが、集中して作れる環境になく。や、仕事だの何だのがあることはありがたいんだけど。

 アラド隊長の機体はとりあえずトップコートを吹いたくらいで一旦休止。後はミラーシートでキャノピーとフォールドクォーツ部分の細工程度なんだけど、アラフォーどころかフォー(2回目)なので明るいところじゃないと作業が大変!!!

 

 なので、新居の今の趣味部屋(いずれ息子に譲る予定)に足りないもの=デスクライトを大購入。これです。

PRISM(プリズム)  LEDデスクライト マシーン08(M-08) 白色 USBポート付 TLCM08WH
 

  なかなかにメカメカしい。そして輝度以外に色(電球色・昼白色・白)をモードによって変えられる!!! USB充電のためのポート装備!!! 更にスマホスタンド部分まで。何となく昔あった「士郎正宗デザインマウス」みたいなディティールだけど、なかなか気に入ってますですハイ。

 こりゃ今年の大晦日もこれ作りながら、かなぁ...。

 

5.クリスマスの話。

 あっという間に年の瀬12月なのでクリスマスも近づいてくるんだけど、恋人もサンタクロースになるわけじゃなく俺自身がサンタクロースになって息子だの甥っ子だの嫁さんだのにプレゼント!!! を考えるんだろうなぁ。俺のサンタさんはいずこ!!!

 

 とは言え今年はまだ考えるのが楽かもしれん。

 これが再販されれば。

  近年の至れり尽くせりなゲームではなく、ゲームから苦労と理不尽を学んだ世代として、今の小学生=甥っ子やいずれゲームをするであろう世代=息子に、買って...やれればいいんだけどなぁ。ホントに再販するのかこれ。クリスマス商戦目の前だぞ。

 

 でもこのミニファミコン、意外なものを連れてきた。

 ファミコン通信ファミリーコンピューターマガジンの限定復活!!! これは嬉しい!!!

ファミ通」じゃないんですよ。「ファミコン通信」。ああ、俺らがまだ中学生くらいの頃、タイトルが変わる前の隔週刊くらいの時代だなあ。ノリが当時のまま、ツッコミどころの多い(いい意味で当時の子供に向けた)記事・文章だったり、クロスレビューで登場していた濃い面々(イザベラ永野さんや森下万里子さん、ローリング内沢さんやバカタール加藤さんなんて懐かしい!!!)、お便りコーナーのゆるさ、付録になってる各種シールやバカバカしさ満点の「ミニファミコンに合わせた大きさ(の箱に貼り付ける)ディスクシステム」などの企画、なによりも「ゲーム帝国」の復活!!!!

 

 ああ、最高だ。

 

 勿論買ったよ。そりゃ買うさ。

 

 まだ全部読めてないけど。

 

6.休みの話。

 今年は年末休めるぞ!!!!!

 

 多分。

 

 なんてなわけで、最近の気になる話とかをツラツラ書く土曜の夜、今宵はこれまで。

さくらんぼの実る頃

 久々にマクロスネタから離れて...やっぱりアニメネタかよ。

 

紅の豚

紅の豚

 

 ・さくらんぼの実る頃

 先週の金曜ロードショーで、何度めか(確か11回目だったか)の放映でも好評だったそうな。ジブリ作品の中でも自分的にラピュタと双璧を成す好きな作品。

 

 しかしてその金曜、明け方からの原因不明の発熱と思しき寒気とビタミン剤+風邪薬+モンスターエナジーで昇圧した上でプレゼンという苦行により帰宅後に撃沈。20時過ぎには床につくという超不健康な健康優良児っぷり。何を言ってるのか、もとい。

 

 リアルタイムで地上波放映を見られなかったのだが、ふらつく身体を起こして何とか居間のレグザに録画設定。翌朝はとりあえず熱も無く普通に起きられたので、優雅な土曜の朝から「紅の豚」上映開始。

 

 いいなあ。

 

 誰も死なない(厳密には第一次大戦の頃のポルコの回想では天に登っていく飛行機乗りが表現されているけど)、敵役の空賊やライバルのカーチス(本名じゃないけどな)も本当の悪党じゃない、愛嬌のある登場人物。空と海の青さ。電子音じゃないオーケストラの切ない音楽、楽しい音楽。CGではないセル画の表現力。

 

 エンディング間近の「ジーナさんの賭けがどうなったかは、私達だけの秘密」というフィオのセリフと、その直前のある風景に写ったある物。

 明確な答えを見せずに、ヒントを散りばめて想像と余韻に任せる。

 

 30近くなって見てから、ドンドン好きになったんだよなあこの映画。

 

 なんてな事を思いながら、夕方に手持ち無沙汰になって又見た位。

 更に、ふと思いたってサントラまで借りてきた位。

 

 いいよなぁ...。

 

 現代はほら、キーキーと揚げ足取るようなクレーマーが「タバコを吸いながら赤ちゃんのゆりかごを揺らすなんて!!!ムキー!!!」とか暇な苦情を入れるやつもいるのかなぁ、なんて思ったりもするけどな。時代背景ってもんを考える想像力の無いやつはもっぺん小学校からやり直してこい。

 

 エンディングテーマの「時には昔の話を」が流れるバックで、人間が豚の姿で様々な飛行機とのカットに写っているイラストや、先の「飛行機乗りが天に昇っていく狭間」のシーンで、今回初めてグッと来たのは内緒。なんというか、たった1世紀ちょっとの間におびただしい数の飛行機が作られ空を飛び、それに携わった人の浪漫があり、そして空や地上で散っていったんだなぁと漠然と「入って」きたんだなこれが。

 

 そんなこんなの先週末から、偶然本屋でこんな本を目にした。

 

飛行艇時代ミニチュアワークス

飛行艇時代ミニチュアワークス

 

 なんというか、人の想像力ってすごいよなあって話。まとまりがないけど今宵はこれまで。 

ルンがピカッと光ったら

 1ヶ月ぶりの更新ですが。

f:id:rosso13:20161029080145j:plain

ルンがピカッと光ったら

 1ヶ月たってもマクロス熱冷めやらず。

 と言うか嫁がハマったという珍しい傾向。うん、夫婦で同じ方向を向けるというのはいいことだ。その話は別の話。

 

 さてルンピカの話。

 自分は流石に据え置きゲーム機をプレイしなくなって数年。もっぱら寝る前や病院の順番待ちなどで気軽にできるためにPS Vitaなど使っているのだが、ようやくマクロスゲームがリリースされた。それがトップの画像で。

 もともとマクロスFが放映された後にPSP向けのゲームは出ていたが当時はPSPも持っておらず、Vitaが出たらPSPのゲームもコンバートされてリリースされてるしそのうち来るだろうと思っていたら。

 

 5年たっても出やしねえ!!!

 

 その間「勇者のくせにこなまいきだG」だの「零の軌跡」だの「Metal Gear Solid Peace Walker」とかで楽しくプレイさせていただきました。が。

 やっぱりマクロスのゲームやってみたいじゃないですか。ファミコン時代の「愛おぼ」からサターン版からPSのVF-X2からゲームの変遷見てきたもの。でも出ねぇ。


Macross VF-X 2 Intro

 

 そんな折、ようやく新作が放映されるにあたって出たわけですな。長かった。

 しかして最近のゲームの常套手段にやられる始末。何だよ期間限定盤って!!! しかも初回封入特典って!!! 更に後日追加コンテンツって!!! 一つのパケージでさくっと全部いれてくれよ!!!

 

 リリースを知ってから、予約を入れようかどうしようか、いやでもそこまで殺到するようなタイトルでもないしなぁ。雑誌の限定プロダクトコード? 白いドラケンIII? 後日配信されるんじゃないの? ああでもそれなかったらめちゃくちゃ後悔しそうだしなぁ。ええい、3秒迷ったら飛べ!!!

 

 で、ルンピカサウンドエディションなどを発売日に買い。期間限定盤とか言ってたから、リリース後1ヶ月とかのスタートダッシュ売上爆発ランキング瞬間イン!!! 作戦かと思っていたら。

 

 来年1月までの期間限定生産て!!!! アラド隊長!!! やられた!!!!(CV.石塚運昇)

 

 そんなこんなで見事にバンダイナムコの戦略にまたも乗ってしまったわけですが。

 や、面白いは面白いよこれ。機体やパイロットの育成要素だのあるし、ミッション数もようやく今「決断 オーバーロード」まで来たけどここまでで既に10時間近く経過(経験値積ませるのに何回も同じミッションやったりしてた)してるから、そこそこ長く遊べそうだし。

 ただまぁ、ワンミッションが短いから気軽に遊べるかもしれんけど、ちょっと勝利条件が分かりづらかったり、戦域レーダーが見づらかったり、ロックオンした敵をファイター形態ではなぜか追えなかったりと難点もあるかな。これは他のもっとヘビーな方々が指摘してるだろうし、恐らくアップデートで修正...してくれないかなぁ。

 

 とりあえずこのルンピカエディションで「Information High」なんてマニアックな曲が入ってるので宇宙戦ステージでは「射手座☆午後九時Don't be late」と双璧でかけてたり。ちなみに歌アシストはほとんど「AXIA~ダイスキでダイキライ~」にしてたり。カナメさぁぁぁぁん!!!

 

 ま、遊び心はいつまでもあっていい、と。

破滅の純情

 主人公機とりあえず作成。

f:id:rosso13:20160925211852j:plain

・破滅の純情

 マクロスΔの最終回が今週に迫り、遅ればせながらのマクロス祭り中。前回はメカコレのSv-262 Hs ドラケンIIIを作成したけども、間髪入れずにVF-31Jをば。ていうか工具をしまっちゃうとそこから引っ張り出してきて...の一連の流れがものすごく億劫になるのですよ。

 

 で、VF-31J。

 パーツ数がディスプレイ用台座を含めても20個くらいしか無い!!! しかしこの色分けのほとんど(エンジンナセル・ノズル・背面グレー部分以外)がテトロンシール。最初は安っぽい仕上がりになるんじゃね? と思っていたのだが。

 

 思いの外きれい。ていうかスミ入れしたラインにきっちり合わせたらなんというシールの整合性。わずか500円でこの水準、BANDAIの技術力恐るべし。だって元々この状態ですぜ。

f:id:rosso13:20160925212330j:plain

 エンジンナセルとコクピット周り、後下面の一部は筆塗りしたんだけど、それ以外を組み上げたらこれ。

f:id:rosso13:20160925212451j:plain

 一応の完成版(トップ画像)との違いは、つや消しのトップコート後キャノピー・フォールドクォーツ部分にミラーシールを貼ったところで。キャノピーはそこかしこで「塗装にした方がいい」というブログを見ていたのだけど、劇中の表現や技MIX版のクリアパーツの反射を見ていて「それならミラーシールでやったらそれっぽく見えるんじゃないの」と前々から温めていたので。見方によってはF-22Aのキャノピー反射っぽく見えそう...なんてな。

 

 それにしても本当にこのクオリティで500円かよ。可変モデルの1/72を組んでも変形ギミックを子供の頃のように遊ばない(最近のは複雑すぎてプラでやろうとすると非常に気を使う)しなぁ。コレクションサイズでこんだけ遊べる(作る過程を楽しめる)のなら、大人が楽しめる密かな名作になるかもな。ネット上ではちらほら現用機風の塗装をしている人も居るらしいし。

 

 ただVF-31、下面の塗り分け参考資料が極端に少ない!!! 可変モデルのでているJ型=主人公機とS型=隊長機はまだしも、E・C型はわからん。パターン的には色違いだからそう変わらないんだろうけど、それでもなあ。

 

 さて、今週はすでに開封しているS型を仕上げたいところですな。光量が少ない夜のデスクでは細かな部分の作業が滞るので、下手すりゃ週末までお預けかもしれんけど...。