読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Think Like Talking.

変わりゆく変わらないもの

POWER -明日の子供たち-

 最近「人間の力ってのは凄いなぁ」と思わされることしきり。

なんのことかというと、自分の異動に伴い元いた部署での仕事が

思いの外身体に染み付いていたことだったり。

  カテゴリに「明るい抑うつ闘病記」を入れたのだが、ちょっとだけ

その部署に係る話があるだけなのでまぁ番外ということで。

 

 抑うつになった部署(出向先)に行く前に、とある部署に10年所属。

そのうち5年は現場の作業をしており、この4月から異動でまたその

現場部署に移ったわけで。現場(5年)→管理業務(5年)→出向(4ヶ月)→

休職(半年)→別部署(2年半)と来て元現場に戻る形になったのだが、

現場を離れて約8年。流れ自体はわかるけど規定や様々なやり方が

変わっており、新兵の気分で現在仕事を覚え直しているところ。

 

 思いの外、変わっていない規定やシステムのコマンド、仕事の流れ、

取引先の人の顔と名前が出てくる。復帰のための再訓練や教育がようやく

終わって現在はOJTという形で現場に出て3日。加速度的に思い出して

きておるのです。

 

 なんだかんだで年単位でやった仕事というのは、身体が覚えている

ということなんだろうかな。こりゃすげえ。しかも休職→別部署という

流れで丸3年不在にしていたのに、周囲からは「ちょっと出張してた程度の

違和感の無さ」と言われる始末。うん、自分もびっくりするぐらいつい

先月くらいに出張行ってたみたいな事務所の空気感(笑)。

 

 人間の力というのは侮れない、という話でしたっと。