Think Like Talking.

変わりゆく変わらないもの

逆襲のシャア MAIN TITLE

 こんな石ころ一つ!!!!

f:id:rosso13:20190427142616j:plain

逆襲のシャア MAIN TITLE


BGM 機動戦士ガンダム逆襲のシャア MAIN TITLE

 

 タイトル・曲はとってもかっこいいのに、内容は石ころの話。そしてνガンダムでもなくリ・ガズィ。腎臓結石その後。

 結果的に平成最後の平日は「すべて」休みを取らざるを得ない状況に陥る。すなわち結石が動く激痛に「毎日」耐えていたわけで。先週土日の激闘から月曜に泌尿器科再受診、そこから火曜激痛、水曜ピーク、もう連休に入ってしまうため最後のチャンスとして木曜に再々受診。なぜか自然排石にこだわる先生で、痛み止めを増量されそうになりそれじゃ堂々巡りになるだけなので他の病院を紹介してもらい。元看護師の妹に付き添ってもらい、専門用語で渡り合うさまを真横で見ながら、とりあえず破砕措置確定。

 転院先の病院にてCT・レントゲン・検尿とひとしきり検査を終え、一応手術になるため採血や術式についての説明を受ける。ああ、あと一日でこの痛みから解放される...。

 

 明けて金曜。開始早々の手術となるため、朝6時半には家を出る。まだ受付も開いていない病院で、着々と着替えや点滴、日帰り入院の病室での準備を進める。朝9時、車椅子で実に四半世紀ぶりの手術室へ。とはいえ外科的な切開などは無いため、興味深く破砕機器を観察する余裕はあり。

 点滴から麻酔成分入の薬液が入ったのか、開始3分ほどで意識を飛ばす。ところどころウトウトしながら、横にあるモニターで状況を見るも、どれが結石かは最後までピンとこなかった。30分ほどであっという間に終了。尿管の最後の方に引っかかっていた5mm弱の結石は砕かれ、膀胱に落ちた様子。あとは水分を摂りひたすら排出するしか無い。

 病室に戻り、1時間ほど酸素吸入と点滴で安静に。途中から麻酔が切れてきたのか尿管が痛み始める。ナースコールで水をもらい、術後の水分摂取可能時間を待って痛み止めを飲んだらそれを最後に痛みが消えた。

 実質4時間の入院・施術・経過確認で退院。血尿も出ず、結石自体は計量カップで見えなかったが、経過的には問題ないとのことでOKが出た。たったあれだけのことで地獄の苦しみ、あっという間に終了。

 

 こうして平成最後の一週間が終了。今朝ようやく石のかけらが確認できた。え、こんなちっちゃいの? 多分破砕された他の石もこのあと出てくるんだろうけど、ほんとによく見ないとわからないくらい。こんな石ころ一つ、νガンダムで押し出してやる!!!! なんて思いながら、こんな時でもガノタかよと自分に笑ったのです。ザッツオール!!!